閉じる

ヤマハ DY50

漁船タイプ・漁船・業務船九州南部

管理番号: 九州南部-006663 販売価格: 売却済(SOLD)

720万円→ご相談 ヤンマー6GX-GT600馬力搭載艇

装備

法定装備

魚探

KODEN CVS1410HS

レーダー

古野1715

オートパイロット

3連リモコン

無線機

ソーラーパネル

スパンカー

オーニング

イケス

氷間

電動リール電源

10か所

エアコン(家庭用)

アンカーウィンチ

個室トイレ

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
12.83m 2.73m 0.91m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
15.25m 3.1m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

基本情報

進水年月 1989年09月
年式 1989年
定員 12人
サイズ 50ft
トン数 4.9t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海,漁船
次回船検 本検査
(2021年10月27日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6GX-GT
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 550馬力 / 2430rpm(回転数)
最大馬力 600馬力
掲載時の使用時間 約10721時間

※本艇の実使用時間や実エンジン使用時間を保証するものでは御座いません。

推進機種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約18ノット
最高速度(参考) 約27ノット
燃料タンク容量 800リットル

広告


今回ご紹介するヤマハDY50は、ワイドなブリッジに交換されたのが特徴です。キャビンが少し広めになりましたので、ゆっくりくつろげる空間です。

また、ヤンマー6GX-GT 定格550馬力(最大600馬力)が搭載されています。ヤマハの船体にヤンマーのエンジンと最高の組み合わせです。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    1か所補修痕があります

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

平成元年に進水されたヤマハDY50です。

全長は15.15m、横幅は約3.10m位ありました。

 

 

 

現在のオーナーは3年ほどこの船を所有され、遊漁船として活躍中です。

このたび乗り換えの為ご出品されました。

 

 

 

この船大きな特徴は、3年ほど前に中古のブリッジを下から50cm位のところからワイドなものに乗せ換えられていますので、キャビン空間が広めになり、ゆったりとくつろげるスペースとなっております。

 

 

キャビンの幅を広くとってあるため、その分サイドデッキは狭いところで38cm位とやや狭めとなっていますが、下の方は50cm位の広さがありますので、ここでの釣りはそんなに狭く感じません。

 

背中をブリッジにくっつけられるので、逆に釣りがしやすいようです。

 

 

 

 

上にはエアコンの室外機がセットされています。

 

 

 

 

 

 

ハルは通常使用時にできたスレやキズ、汚れ等もありますが、気にならない程度のものです。

 

 

1か所補修痕があります。

 

 

 

船底は、通常使用時に付いたキズやスレはありますが、割れや事故による補修跡はないとの事です。

 

ペラ、シャフトも問題なしとのことです。

 

 

 

窓のスライドはスムーズです。

 

ところどころにビス穴の痕などもありますが、うまく補修がされています。

 

 

 

 

 

黒いアクリルは割れはありません。カッコいいマスクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラーは回ります。

 

 

ヒューガルプンプは付いていますが、最近回したことがないそうです。

 

 

 

 

 

 

ここから上が乗せ換えられたところです。広いところは50cm狭いところで38cm位です。

 

 

 

 

 

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

ここは頑丈でしっかりしたデッキです。

 

ひとつもブア付くところはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

氷間が3室、生簀が4室あります。

 

 

以前は油圧ローラーがセットされていたので、その名残りの金具やホース類が付いていますが、現在は使用されていません。

 

 

前後のデッキには電動リールの電源が左右5+5の計10個付いています。

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

アフトデッキもさすがのヤマハ艇だけに、表面がブアブアしたところもなく、ハッチの上も頑丈でしっかりしています。

 

 

 

汚れに関しては洗えばきれいになる汚れです。

 

 

 

 

 

 

ワイドで頑丈なオーニング、スパンカーと一体式です。

 

 

 

個室トイレが設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃料タンクは4つありますが、現在は2つしか使用されていません。

 

2つで約800Lだそうです。

 

 

 

後ろは物入れです。生け簀はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舵シリンダーは問題なく使用できます。

 

キャビン/操舵室

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

使用感はありますが、ここでの操船は問題なくできます。

 

 

ブリッジを乗せ換えられていますのでゆったりとしています。

 

 

両サイドの窓の開閉は問題なくできます。

 

 

正面のワイパーも作動します。

 

 

 

壁のクロスにはシミも発生していますが、酷いものではありません。

 

 

 

 

 

 

レーダー、魚探、3連リモコン、オートパイロット、マイクがセットされています。

 

GPSとアンテナは商売道具なので取りはづします。

 

 

現在のアワーメーターは1周して720時間を指していました。

 

 

 

 

家庭用エアコンがセットされています。

 

ポータブル発電機を持ち込んで回すそうです。

 

 

 

 

 

バウバースには大人が4人位横になれるスペースです。

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

ヤンマー6GX-GT 定格550馬力(最大600馬力)が搭載されています。

 

ヤマハの船体にヤンマーのエンジンは最高の組み合わせです。

 

このエンジンは以前のオーナーが換装されていますので、2代目のエンジンだそうです。

 

 

 

オイルやフィルター、インペラ、バッテリーなどの消耗品はそろそろ交換の時期だそうですので、乗り出し前には一度リセットする意味で交換されたほうが安心かもとのことです。

 

 

最近になって、おそらく油圧ハンドルからのオイル漏れがあるそうです。

 

それと最近になってターボの部分から排気が漏れだしたそうです。

動画を見ていただければ排気漏れの様子がわかります。

現状でのお引渡しとなりますので、ご希望でしたらエンジニアさんをご紹介します。

はっきりとはわかりませんが、数年前(少なくとも3年以上前)にターボを交換された経験もあるそうです。

 

 

 

3年ほど前にインタークーラーを交換されたそうです。

 

 

その他は特に大掛かりな部品交換の経験はないとの事です。

 

 

スピードは、巡航1800回転で約18ノット、最高は26-27ノット位は出るそうです。

 

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねます。

ご見学の際にはご試乗いただき、また、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認いただき、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。                      

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。