閉じる

ツボイヨット ジャーマン フレーズ(GERMAN FRERS) 41

ヨット&水上バイク愛知県

管理番号:愛知県-000891 販売価格: 売却済(SOLD)

希少レース艇 船体レストア整備済み 格安の為、値引き不可 早い者勝ち!

装備

法定装備

コンパス

GPS

リョウデン RD102

オートパイロット

無線機

ICOM IC-M125J

AC/DCコンバーター

ツーバッテリーシステム

ソーラーパネル

フェンダー

マリントイレ(手動式)

ギャレー

水深計

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.03m 3.86m 1.58m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
12m 4m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

基本情報

進水年月 1984年05月
年式 1984年
定員 12人
サイズ 41ft
トン数 7.3t
形状 ヨット&水上バイク
航行区域 限定沿海・沿岸5海里
次回船検 本検査
(2014年07月24日)
清水タンク容量 200リットル
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 イスズ
エンジン型式 UMC240M
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 40馬力 / 2700rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約2336時間
推進機種類 シャフト船
シャフト材質:SUS シャフト径:28mm
燃料タンク容量 90リットル

広告


★艇の概要:取材艇はツボイヨットが1984年に製作したジャーマンフレーズ41という国産純レース艇になります。

 

この艇は関東方面の某港に長年(多分4~5年)係留されっぱなしだった艇を、現オーナー様が譲り受け、船体レストアは業者に依頼し、その傍らエンジン整備・配線修理・船内装等を機械関係のお仕事をされていたオーナー様が時間を掛けてレストア&修理をされた艇になります。

 

現オーナー様は取材艇以外にも36ftのクルージング艇を所有されています。

 

今回の取材は艇の保管場所である愛知県でしたが、いつも使われるクルージング艇で約1日かけて静岡から来れる等、正にヨットマンの鏡の様な方です。

 

更に、全国各地をクルージング艇でワンマンで行かれる程のスキルと見識・知識をお持ちですので、レストア内容や整備内容は的確にされています。

 

従って年式は古い艇ですが、リメイク艇に近い状態ですので、今回の出品価格はかなりお買い得感が有る様に思われます。

船体の外観程度

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

    オーナー様からの提供写真

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

★船体状態:船体はカーボンとFRPの複合材が使用されているとの事で、竜骨部分はアルミ合金で作られているそうです。

 

その竜骨部をカーボンFRP複合材の船体にボルト固定になっており、船体自体は非常に低重心かつ高剛性に出来ているそうで、荒天時の波やウネリ等にも強く、叩かないとの事で、長距離レースにも十分対応出来るとの事でした。

 

また、船体中央部の左右にウォーターバラストの代わりでは無いそうですが、100Lの清水タンクが有ります。

 

これは国際レースに出場する際の必要な装備だそうです。

 

船体は綺麗に業者施工のレストアが施されている関係で、ゲルコート面も綺麗にされ、船体ライン等も綺麗な状態にされています。

 

船底&キール&ラダー形状は係留艇より未確認となりますが、オーナー様が今年2月末に上架して船底塗装をした際の写真を頂きましたので、参考にして下さい。

No.13~No.18

 

なお、4月22日にダイバーが潜り、船底の貝落としをしているそうです。

 

船底への貝類の付着は殆ど無く、ペラ&シャフトに多少の付着が有ったそうです。

 

 

デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    スピンポールはカーボン製

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

    作動不明

  • No.12

    作動不明

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

    ティラーのガタ付きが有り

  • No.20

★デッキ周り:ノンスリップ加工等はされていませんが、オーナー様がご自身で肌色に塗装がされており、綺麗に各部をマスキングした上で塗装がされており、色褪せや色ムラも殆ど感じさせない綺麗な状態に仕上がっていました。

 

なお、金属部分も潮風による劣化や錆・腐蝕も少ない様なので、年式を感じさせない美艇と言える状態です。

 

スピンポールはカーボン目が綺麗に出た物でした。

 

船内入口の左右に設置されている計器は、スピード&深度&風速&風向&コース計だと思われます。

 

しかし、これらの計器類について現オーナー様は使用される事が無い事です。

 

また、使用方法の取説等が無く、操作方法が不明の為、作動未確認で使用方法等は一切不明になりますので、ジャンク品扱いと致します。

 

シートウィンチ等にも不具合は無いそうです。

 

★現在気になる点:ティラーにガタが機関航行時にのみ出るそうです。

 

これは、ラダー上部シャフトとティラーとの取り付け部付近で、経年と摩耗でデルリン製のシャフトシールが痩せた事がガタ付きの原因だそうです。

 

修理対策案は出来ているそうです。しかし、現状 機関航行以外の帆航行ではガタ出ない為、未修理です。

 

 

マスト&ブーム・セール・シート

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    船首セールロッカー内

  • No.8

  • No.9

  • No.11

  • No.12

★マスト&ブームに不具合は有りませんが、マスト灯が点きません。

 

球切れなのか配線が原因かは、不明です。

 

現オーナー様は本艇で夜間航行はしませんので、未修理でのお渡しになります。

 

 このマストの取付は船内のアルミ合金製の頑丈な竜骨部にステーを介して取り付けられています。

 

★セイルは、購入時に付いて来た物が多数有るそうで、未確認のまま倉庫(写真No.11&12)に入れている物も有ります。

 

現在オーナー様が把握しているセール類は、メインセール2枚・ジブセールがNo.1/No.2/No.3と予備が2枚位・ストームジブ・ドリフター・スピンセールが3枚だそうです。

 

取材時は強風の為、セール関係の状態は未確認となります。

 

 ★ランニングリギン(各種ロープ類・・・ハリヤード・シート等):前オーナー様から交換されていないとの事ですが、多少傷みが出ている箇所も有るかもしれませんが、見える範疇では概ね良好に見えました。(詳細は、ご自身でご確認下さい。)

写真No.9は、予備シートになります。

船内居住区&計器類

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

    エンジンバッテリー入口階段下BOX内

  • No.3

    船首側

  • No.4

  • No.5

    セールロッカー側から見た写真

  • No.6

    トイレ

  • No.7

    右舷側  ↓

  • No.8

    左舷側  ↓

  • No.9

    右舷サイドロッカー

  • No.10

    左舷サイドロッカー

  • No.11

  • No.12

  • No.13

    冷蔵庫は取り外します

  • No.14

  • No.15

    シンク&コンロ

  • No.16

    オートパイロット

  • No.17

    右舷側

  • No.18

    左舷側

  • No.19

  • No.20

    燃料タンク

  • No.21

    燃料タンク

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

    GPSロムは関東・東海版

  • No.27

    無線機 深度計

  • No.28

    テーブル兼エンジンBOX

  • No.29

  • No.30

  • No.31

    エンジン始動時

  • No.32

  • No.33

    トランサム

  • No.34

    左舷側  ↓

  • No.35

    右舷側 ↓

  • No.36

    ビルジポンプ&ブロア

  • No.37

  • No.38

  • No.39

    手動ビルジポンプ

  • No.40

    中央

  • No.41

    右舷側

  • No.42

    左舷側

  • No.43

    清水タンク

  • No.44

    清水タンク

  • No.45

  • No.46

★アコモデーション(船内居住区):レース艇ですので、船内は非常にシンプルになっており、船内に下りる階段下にエンジン用バッテリーが有り、階段前に椅子を兼ねた燃料タンクが有ります。

 

この中央からトランサム側の居住区には左右に2段式簡易ベッド2列連なって8名分有ります。

 

バウにはマリントイレが有り、その前がセールロッカーになっていました。

 

また、左右サイドロッカーにはそれぞれアンカーが収納されており、右舷側にコンロ&シンクが装備されています。

 

左舷側はシートロッカーと収納庫で工具等やメインスイッチが装備されていました。

 

船内への階段裏側のGPS・無線機が装備されています。

 

チャートテーブルはエンジンBOXを兼ねており、その上側に航行計器やスイッチ類の配線・エンジンの計器類等が吊り下げる形で有ります。

 

油圧計・水温計・回転計のエンジン計器類やスイッチ等に不具合は無いそうです。

 

但し、アワーメーターが2月末に静岡での船底清掃後、静岡より愛知までの航行時は作動していたそうですが、ここ最近 止まってしまったそうです。

 

確証は有りませんが、原因はギヤ欠け?と思われます。

 

 

 

エンジン&油圧ギヤドライブ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.18

★エンジン:いすゞ製UMC240Mは間接冷却式の40馬力ディーゼルエンジンです。

 

★機関の特徴:エンジン搭載方向が通常とは逆で、エンジンからの出力軸がバウ側に出ています。

一見するとギヤボックに見える赤色BOXは、油圧オイルタンクとオイルポンプで、このオイルポンプをエンジン出力軸で駆動させます。

そしてオイルポンプで強力な油圧を発生させ、それを太い油圧ホースを介して、マスト直下の油圧ギヤを駆動させ、メインシャフトを駆動させています。

 

 

★エンジン本体の状態:エンジン本体は綺麗で錆・腐食も無く良く整備されている事が一見して判ります。

 

オイル漏れや冷却水漏れ・燃料噴射ポンプ廻りの燃料漏れは、見える範疇では有りませんでした。

 

エンジンフィラーキャプ内のスラッジや白濁跡も無く、エンジン始動具合・アイドリング状態にも問題有りませんでした。

※詳細は動画を参照して下さい。

 

 

レストア時の写真(オーナー様から)

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

    ラダー廻り

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

オーナー様からの頂いた航行時の写真

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

見学時の注意点と取材条件

★法定装備品等:規定装備品完備されています。

 

★出品理由:レース艇より、レース参加の為のクルー不足の為、レンスト済みですが惜譲されるとの事です。

 

★ご見学条件:オーナー様は多忙ですが、見学のみならば何時でも対応可能です。

 

しかし、試乗をご希望の場合は、数名のクルーが必要になりますので、事前にお問い合わせ下さい。

 

なお、上記以外での試乗の場合や、上架し船底廻りの確認が必要な場合は、クルーの費用やクレーン代等も出ますので、冷やかし防止の為、3万円の費用負担が出ますので、ご承知下さい。

 

なお、引渡し時は船底清掃をしてお渡し致します。

 

この船のyoutube動画:

坪井ヨット

ジャーマン フレーズ41FT

イスズ UMC240M 40馬力


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

本社 代表高木 悟(たかぎ)

担当コメント:㈱アシスト 船ネットドットコム代表をしています。

090-5005-1293 FAX 052-363-2184
takagi@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。