閉じる

ヤマハ FC26(GH9)

プレジャーボート九州北部

管理番号: 九州北部-007062 販売価格: 160 万円

使用時間 僅か1560時間

新着

装備

法定装備

コンパス

ソーラーパネル

デッキライト

トランサムステップ

スイムラダー

電動式アンカーウィンチ

イケス

マリントイレ(電動式)

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.96m 2.45m 1.33m

  • セミウォークアラウンド艇
  • リアドア付き
  • クルージングもしたいし釣りもしたいという方に
  • ヘビーに汚れてる!けど、洗えばきれいになるでしょう
  • トイレは絶対必要な方に

基本情報

進水年月 1997年02月
年式 1997年
定員 10人
サイズ 26ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2022年06月20日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 6TC(SX370KS)
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 150馬力 / 3300rpm(回転数)
最大馬力 165馬力
掲載時の使用時間 約1560時間

※本艇の実使用時間や実エンジン使用時間を保証するものでは御座いません。

推進機種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約20ノット
最高速度(参考) 約26ノット
燃料タンク容量 170リットル

広告


この船はセミウォークアラウンドタイプですので、前後デッキへのアクセスも容易にできます。

釣りやクルージングが楽しめたり、キャビンや個室トイレもありますので、ショートステイもOK。

ヤマハのマルチパーパスフィッシングボート ヤマハFC26をご紹介します。

外観

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

1997年2月に進水されていますので、船齢は22年が経ちますが、大事に使用されているようですので大きなダメージはありません。

 

係留の期間が長いこともあって、ハルには喫水付近に黄ばみがあったり、小傷や汚れなどもあります。

 

しかしながらFRP自体には大きな目立つキズ等はありませんので、磨けば艶はよみがえると思います。

 

ガンネルにはキズ、凹みははあるものの、ひどい割れや大きな剥がれはありません。

 

バウには通常使用時にできた軽微な当てキズがありますが、ひどくはありません。

 

FRPゲルコート表面が、経年劣化して細くひび割れしているように見えるヘアクラックがところどころに発生していますが、強度には問題ないので神経質になることはありません。

 

左舷側よりも右舷側のほうがガンネルの凹みや小傷の補修痕が多いです。

 

ヤマハFC26はセミウォークアラウンド艇ですので、サイドデッキが有りますので、バウ(船首)へのアクセスは比較的容易です。

しかしながら幅や深さはさほど有りませんので、ここでの釣りは難しいと思われます。

 

船底は通常使用時のスレやキズはありますが、ひどいものはないとのことです。

 

 

デッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

近くに工場もあって酷く汚れています。しっかり磨けば綺麗になると思います。

 

錆だれも所々にあります。

 

デッキ表面がブアブアする箇所はありませんし、ノンスリップの状態も良く、しっかりしています。

 

バウレールのグラつきはなく、しっかり固定されています。

 

アンカーウィンチは作動します。

 

ロープロッカーのヒンジがはずれていますので、ハッチの開閉にグラつきがあります。
 

トランサムステップもしっかりしています。ラダーのグラつきもありません。

 

イケスはスカッパ―を開けっ放しでしたので水が入っていますが、普通に使用可能です。
 
 
 

 

 

 

キャビン/コックピット

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

リアドアが付いていますので盗難防止、風雨からも凌げます。

 

扉のスライドもスムーズですし、ロックも掛かります。

 

航海灯は点灯します。パトライトは点灯しましたが回りませんでした。

 

デッキライトはLEDです。

 

 

キャビン内の壁や天井はきれいで明るいイメージです。

 

生活臭やカビ臭さなどの気になる匂いはありません。

 

フロントウィンドウの視界は良く、ワイパーも動きますし水も出ます。

 

窓の開閉は左舷はスムーズです。右舷の開閉は後ろはスムーズですが、前は開きませんでした。

 

コックピットのメーターは綺麗です。

 

取材時のアワーメーターはまだ1560時間でした。

 

ステアリング、前進後進リモコンレバーには不具合ありません。

 

ドライバーシートは使用感があり、破れもあります。

 

GPS魚探はありません。

 

 

バウバース

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

Vバースは大人が3人が腰かけられる広さです。

 

壁や天井もきれいです。天井のライトは点灯します。

 

スカイライトハッチの開閉もできます。ここからの雨漏りはなさそうです。

 

クッションがありません。

 

収納スペースがたくさんあります。ここには救命胴衣やフィッシング道具等の収納もできます。

 

個室マリントイレはきれいです。使用可能です。

 

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

ヤマハ6TC(SX370KS)最大で165馬力が搭載されています。

 

使用時間はまだ1560時間ですので、これからのエンジンです。

 

バッテリーはいつに交換された物かわかりませんが、今のところパワーは充分です。

 

シーズン前には必ずメンテナンスをされ、良く手を入れていたそうですが、記録がありませんので、乗り出し前には消耗品類は一度リセットされてください。

 

最高速度は27ノット近くは出せるとの事です。巡航速度は20ノット位で走られます。

 

 

 

ドライブはかなり汚れています。

 

保管時はさげたまま保管されています。上下にも作動します。

ドライブもメンテナンスの記録がありませんので、乗り出し前には消耗品類は一度リセットされると安心です。

 

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、実際にご見学ご試乗いただき、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認くださり、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学を希望の方は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。

また、天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。