閉じる

ヤマハ STR28CR

プレジャーボート九州南部

管理番号: 九州南部-006829 販売価格: 128 万円

往年の名艇ヤマハSTR

新着

装備

法定装備

GPS魚探

YAMAHA YFHV104

オーニング

電動式アンカーウィンチ

マリントイレ(電動式)

ギャレー

エアコン(家庭用)

液晶テレビ

ヤマハ4スト20馬力エンジン

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
7.55m 2.46m 1.11m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
8.5m 2.5m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 補助エンジンが乗っているほうが安心だ
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 古くても綺麗で清潔な船を求めている
  • 速いスピードを求めている
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1975年02月
年式 1975年
定員 12人
サイズ 28ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 本検査
(2020年03月13日)
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 クルセイダー
エンジン型式 350マーク仕様
燃料種類 4ストロークガソリン
搭載数 1基
検査手帳馬力 330馬力 / 4600rpm(回転数)
推進機種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約23ノット
最高速度(参考) 約30ノット
燃料タンク容量 300リットル

広告


往年の名艇と言われるヤマハSTR28をご紹介します!オーナーの手入れにより、今でも現役マックス30ノットオーバーを誇ります。

トイレやGPS魚探は最近取り付けられ、補助エンジンも取り付けて間もないので安心です。

外観/船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

マリーナ陸上保管の為、年式の割にはきれいな方だと思います。

 

 

全体を鮮やかなオレンジ色で塗装されていますので、年式を感じさせない外観に仕上がっています。

塗装の剥がれなどはありますが、大きなキズなどはありません。

汚れは洗えばきれいになる程度のものです。

 

 

ハンドレールのグラつき感はありません。しっかり固定されています。

ガンネルはしっかりしています。

 

 

船底は通常使用時に付いたスレやキズはあるようですが、ひどい割れや凹みはありません。

ハルと同じ塗装が施されています。塗装面の変色や剥がれが発生しつつあります。

 

 

トランサムステップがあったのですが、現在は取り外されています。

電動フラップは上下に動きます。

デッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

表面は白い塗装が施されています。

 

汚れに関しては洗えば落ちる程度のものです。

 

軽微なスレやビス穴の跡もありますが、ひどいものではありません。

表面がブワブワした感じはなく、ノンスリップの状態もいいです。

 

ロープロッカーのハッチのガタつきはなく、しっかり閉まります。

ベンチレーターも普通に作動しています。

 

 

 

 

アンカーウィンチは3年ほど前に取り付けられていますので、きれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフトデッキも表面のブアブア感はありません。頑丈です。

 

ここも白で塗装がされています。


 

 

ハンドレールもしっかりしています。

 

 

 

 

 

オーニングは3年ほど前に取付られました。

テントはご用意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッチの開閉は問題ありません。

 

ダンパーは交換されていますので、緩みはありません。

 

 

キャビン周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

窓の視界は良いですしワイパーも作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとはオープンタイプでしたが、アフトドアを上手く増設されています。

 

 

木製ドアですので雰囲気がよく仕上がっています。

 

 

家庭用エアコンが取り付けられています。ポータブル発電機を積んで動かしますが、最近は動かしていないそうですので、ご見学時にはご確認ください。

 

 

 

 

補助エンジンは2016年2月に取り付けられたそうです。

たまに試運転をするくらいです。

 

 

ハンドル、前進後進リモコンもきれいです。

キャビン/コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

オーナーの手入れにより年式の割にきれいな方だと思います。

 

 

家庭用エアコンが設置されています。2年ほど動かしていませんので、ご見学時には動作確認されてください。

現在使用している発電機は付随しませんので、ご用意ください。

 

 

窓の視界は良好です。

 

 

 

 

 

両サイドの窓の開閉は固めですが、もきっちりと締まりました。

壁や天井はきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

床のFRPの表面もきれいです。

 

ここにはFRPの燃料タンクがセットされています。

 

 

 

 

 

 

 

ギャレーも上手く増設されています。

 

 

補助エンジンの燃料タンクがセットされています。

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハGPS魚探は新設して間もないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートは数年前に張り替えられています。使用感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピットのハンドルには不具合ないようです。

エンジンコントローラーリモコンは、現在は1基仕様にされています。

 

 

メーターは試乗時にご確認ください。

 

バウバース/サロン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

ドアを開けると広めのサロンがあります。

 

 

液晶TVが設置され、シートはボートの外観カラーにあわせたオレンジ色に張り替えられています。

 

 

木製のテーブルを設置すると、ここはちょっとしたパーティールームです。

テーブルを下げてクッションを敷くとベッドにもなります。

 

 

 

 

壁や天井はきれいです。

カビ臭さや気になる生活臭はありませんし、クッションの状態も良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バウバースは大人が2人は横になれる広さです。

 

スカイライトハッチの開閉は普通にできます。

 

ベンチレーターも作動しています。

 

 

 

 

 

 

 

マリントイレは3年ほど前に新設されてのできれいです。

 

 

 

 

 

エンジン/ドライブ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

もともとはエンジンは2基あったそうですが、現在はマークルーザー仕様にしたクルセイダー350エンジン、GM7.4Lを1基搭載されています。

 

 

セルモーターとダイナモは2018年に取り替えたそうです。

 

オイルやエレメントは年に1回シーズン前に交換されています。

 

 

排気管は空中排気を水中排気に変更されています。

排気管から水漏れがあったので補修されています。

エキゾーストパイプを交換されました。これらのメンテナンスで50万円ほどかけたそうです。

 

 

年式相応にところどころに錆等があり、アワーメーターがない為使用時間もわかりませんが、30ノットオーバーでバリバリ走るとのことです。

 

 

ドライブも消耗品は交換されています。

マリーナに上架保管の為、下げたまま固定しています。

 

 

補助エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

万が一の為に2018年2月に新品で新設されたそうです。

 

試運転を数回したくらいですのできれいです。

 

チルトも上下しますし、アフトデッキからの操船が可能です。

 

エンジン本体とハンドル、リモコンなど、取り付け費用も含めて60万円近くかかったそうです。

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認をしておりませんので、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねます。実際にご見学ご試乗いただき、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認くださり、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学を希望の方は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。

ご試乗の際はマリーナの上下架代金が必要です。

また、天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。