閉じる

ビテック 60 スーパークルーズ

プレジャーボート石川県

管理番号:石川県-006637 販売価格: 売却済(SOLD)

豪華なサロンクルーザー フル装備艇

新着 更新

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

ナビネット(MODEL1943C) 2台

GPS

サテライト SC-50

レーダー

ナビネット(MODEL1943C) 2台

オートパイロット

Cetrek Pilot730

微速装置(トローリング)

無線機

マリンVHF‣アマチュア

フラップ

スラスター(電動式)

バウ・スターン

ツーバッテリーシステム

温水器

2ステーション

サーチライト

デッキライト

トランサムステップ

スイムラダー

エンクロージャー

ハードトップオーニング

デッキウォッシュ

海水

電動リール電源

集魚灯

メタハラ(1kw)12灯、LED4灯

ギャレー

マリンエアコン

液晶テレビ

PANASONIC

ステレオ

カセット(JVC) ステレオコンポ(ONKYO)

電子レンジ

陸電システム

陸電コード

液晶モニター(ナビネット用)2台

衛星電話

タイコ型油圧アンカーウインチ

アンカーローラー

アンカー

アンカーチェーン(15m位)

アンカーロープ(150m位)

ウォシュレットトイレ 2台

温水シャワー2台

冷凍冷蔵庫

換気扇

清水シンク(2口)

電磁コンロ(2口)

フェンダーホルダー

汚水タンク

救命筏

救命浮器

遭難救助用ブイ

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
15.01m 4.53m 2.01m

  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • ウォークアラウンド艇を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • メンテナンスが充実されたボートがいい
  • 手間がかからずにすぐに乗れる船がいい
  • 装備が充実している船がいい
  • 速いスピードを求めている
  • 超かっこ良く目立ちたい!
  • 女の子にブリブリもてたい!
  • 男のムフフな隠れ家が欲しい!
  • 週末の別荘代りに使いたい
  • 仲間と船上パーティーを楽しみたい
  • 休日は家族とマリーナステイで楽しみたい
  • 豪華なキャビンでくつろぎたい
  • 暑いのは無理ー!エアコンは絶対条件っす
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 2004年02月
年式 2004年
定員 15人
サイズ 60ft
トン数 19t
形状 プレジャーボート
航行区域 沿海
A2水域
次回船検 中間検査
(2019年07月20日)
清水タンク容量 757リットル
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 マン
エンジン型式 D2842LE406 
燃料種類 軽油
搭載数 2基
検査手帳馬力 1090馬力 / 2230rpm(回転数)
掲載時の使用時間 右:約979時間
左:約880時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
燃料タンク容量 3600リットル
発電機

メーカー名:オナン

ワット数:12kw

使用時間:2127h

燃料:軽油

広告


台湾のボートビルダー ビテック マリンの 60スパークルーズ(2004年式)です。

大型艇に定評のあるビテックのサロンクルーザーで、デッキはチーク材全面張、キャビンは木目を生かした板材とレザーによる格調高い内装を持っております。

特徴的ハルデザインとハイパワーエンジンにより余裕のあるクルージングが満喫できます。

クルージングだけではなく、マリーナスティや船上パーティなどを楽しめ、又、ウォークアラウンドを有しておりますので、フィッシングクルーザーとしても使用できるクルーザーです。

こちらの艇は主にフィッシングに使われており、集魚灯、微速装置、電動リール端子などのフィッシングに有用な装備を搭載しております。

使用時間も979時間と少なく、外観、内装共に綺麗で良好な状態で、男の隠れ家として使用できる、お薦めの一艇です。

 

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

船体状態は、進水より15年経過しており、キャビン廻りのブルーのカラーリングに若干の色あせは見られますが、ゲルコートの艶落ちも少なく、又、ヘヤークラックなども少ない比較的良好な状態です。

ガンネルやハルに係留のためにできた擦り傷は補修してあり、使用には問題ないです。

船底は年1回上架しており、最近では昨年春に清掃・塗装及びアノード交換をしております。

オーナー様によるとハルや船底に大きな損傷や補修などは無いとのことです。

バウとスターンに電動スラスターを装備しておりますので、狭い場所での旋回やスムーズな離着岸が出来ます。

フライブリッジ左舷前方に救命筏を装備、又、救命浮器、救命浮環、遭難救助用ブイなどもデッキなど各所に配置されており、安全装備も充実しております。

フライブリッジ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    パッセンジャーブース

  • No.4

    清水シンクキャビネット

  • No.5

    パッセンジャーシート

  • No.6

    救命筏

  • No.7

    ダッシュボード上部 GPS、無線機

  • No.8

    ダッシュボード左 衛星電話

  • No.9

  • No.10

  • No.11

    左舷エンジンアワーメーター

  • No.12

    右舷エンジンアワーメーター

  • No.13

    ナビネット

  • No.14

    ナビネット

  • No.15

    拡声器、無線機

  • No.16

    カセットステレオ

  • No.17

    スイッチパネル

  • No.18

    コンパス、オートパイロット

  • No.19

    油圧フラップスイッチ

  • No.20

    キャプテンシート

  • No.21

    ダッシュボード下収納庫

  • No.22

  • No.23

    パッセンジャーシート、テーブル

  • No.24

    パッセンジャーシート、テーブル

  • No.25

    救命浮器

  • No.26

  • No.27

    ハードオーニング、LEDライト

  • No.28

    アンテナ類

フライブリッジは前部にパッセンジャーブース、後部がヘルムステーションとなっており、チーク張の床面です。

パッセンジャーブースにはL型ベンチシートと清水シンクキャビネットを備えております。

ブースにあるシート表皮は残念ながら日射により劣化しております。

ヘルムステーションは前方にコックピットがあり、後方にパッセンジャーシートとテーブルが配置されております。

コックピットのメーター類が機能的に配置され使い易いものです。

ネットワーク対応航海機器はFURUNOのナビネットで、MODEL1943Cが2台搭載されており、GPS、魚探、レーダーが連動で使用出ます。

又、オートパイロット(Cetrek Pilot730)、衛星電話、無線機、カセットステレオ(JVC)も搭載されており、操作系、ナビネット及び各機器の動作は問題ないとのことです。

なお、ナビネット、無線機は旧スプリアス規格のため、平成34年11月までしか使用できませんので予めご了承願います。

キャプテンシートは2人掛けのベンチタイプです。

ヘルムステーションの各シートは風雨による汚れはありますが、日射による劣化が少ないです。

ヘルムステーションには特注のハードオーニングを備えており、オリジナルのエンクロージャーは取り外して保管しておりますのでご購入時にお渡しします。

 

デッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

    バウスプリット

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

    タイコ型油圧アンカーウインチ

  • No.7

    タイコ型油圧アンカーウインチ

  • No.8

  • No.9

    アンカーストアー

  • No.10

    アンカーストアー

  • No.11

    アンカーストアー

  • No.12

    ブルワーク フェンダーホルダー

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

    サーチライト・拡声器・救命筏

  • No.20

    アンテナ類

  • No.21

    集魚灯(メタハラ)

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

    トランサムベンチシート

  • No.29

    シート下収納庫

  • No.30

    シート下収納庫

  • No.31

    セカンドステーション

  • No.32

    セカンドステーション

  • No.33

    壁面収納庫

  • No.34

    陸電装置

  • No.35

    キャビン出入口

  • No.36

    個室トイレルーム

  • No.37

    ウォシュレットトイレ・手洗いシンク

  • No.38

  • No.39

  • No.40

    壁面収納庫

  • No.41

    壁面収納庫

  • No.42

    エンジンルーム排気口(ファン付)

  • No.43

    遭難救助用ブイ

  • No.44

    ミニクレーン取り外し跡

  • No.45

    エンジンルームハッチ

  • No.46

    電動リール端子

  • No.47

    電動リール端子

  • No.48

    電動リール端子

  • No.49

    電動リール端子

  • No.50

    電動リール端子

  • No.51

    スイムデッキ

  • No.52

    格納式スイミングラダー

バウスプリット・バウデッキ・バウバーストップ・アフトデッキ・サイドデッキ・ブルワークトップ・トランサムステップは、チーク張で劣化色あせもなく綺麗で良好な状態です。

バウデッキは左右にキャステイングも出来るフラットなものです。

バウバーストップはチーク張の部分も広くサンデッキとして使用できます。

サイドデッキは前方左右舷にフェンダーホルダーを装備、フラットで幅広なものでクルーワークもし易く、又、ブルワークも深いので移動しながらのファイトも安心です。

アフトデッキは、4名が余裕を持ってキャステイング出来るスペースがあり、こちらもフラットな床面でトランサムにベンチシートがありますので、フィッシング、クルージングパーティなどを楽しめます。

キャビン右後部に格納式のセカンドステーションがありますが、操舵ハンドルは無く左右エンジンの前後進、速度調整のみの操作です。

又、リモコンもありますが舵用ではなく油圧ウインチの操作用です。

キャビン後部中央左にはアフトデッキから使用できる個室トイレシャワールームがあり大変便利です。

トイレは家庭用のウォシュレットトイレで、清水シャワーヘッド付シンクも装備しております。

シャワーは温水ですのでスイミング時には有難いでものです。

キャビン左後部にフライブリッジの梯子があり、その裏側にはエンジンルームの排気口(ファン付)です。

右舷後部のブルワークに以前ジェットスキーの上下架用のミニクレーンが搭載されておりましたが、故障したため撤去してあります。

トランサムのスイムデッキはジェットスキーが搭載できる幅広もので、スイミングラダーはスイムデッキ内に綺麗に格納できます。

メインキャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    AV設備

  • No.8

    液晶TV

  • No.9

    CD・DVD・MD・カセットステレオ

  • No.10

    カラオケ

  • No.11

    ミッドバースへの階段

  • No.12

    手洗いシンク

  • No.13

    シンク下収納庫

  • No.14

    エアコンユニット

  • No.15

    サイドテーブル(折りたたみ式)

  • No.16

    オーバーヘッドロッカー

  • No.17

    サイドテーブル兼収納庫

  • No.18

    収納庫内ブレーカーパネル

  • No.19

    エアコンスイッチ

  • No.20

    エアコンスイッチ・100V電源

  • No.21

    ナビネットモニター

キャビンはメインキャビン、ミッドバース、バウバースで構成されております。

内装は鳥眼杢が美しい板材(メープル材だと思います)で建具、レザーで天井、壁面が施されております。

床面はメインキャビン・バウバースがカーペット敷、ミッドバースは板張となっており、優雅で品格のあるキャビンです。

エアコンは各場所独立の操作盤を持ったもので、1年を通して快適に過ごせます。

メインキャビンは60フィートですのでさすがに広く、右舷に5人掛けのベンチシート、左舷にテーブルを囲むようにU字型のラウンジシートがあり、四方が窓に囲まれていますので明るく開放的なリビングルームで、多人数のパーティにも余裕です。

シートはクッションが十分にありゆったりとした大きいサイズのもので、レザー表皮はベージュ色のため使用に伴う若干の薄汚れが見られます。

一度クリーニングをすればさらに綺麗になりますのでお薦めします。

液晶TV(PANASONIC)、ステレオコンポ(ONKYO CD・DVD・MD・カセット)、カラオケ(CLARION)の充実したAV設備があり、船上パーティが楽しめます。

メインキャビン後部出入口横にモニターが2台あり、ナビネットモニターとしてデッキから見られます。

ミッドバース

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    ギャレー

  • No.4

    ギャレー

  • No.5

  • No.6

    清水シンク(2口)

  • No.7

    清水シンク(2口)

  • No.8

    電磁コンロ(2口)

  • No.9

    カウンター下収納庫

  • No.10

    電子レンジ

  • No.11

    上部収納庫・換気扇・エアコンスイッチ

  • No.12

    冷凍冷蔵庫

  • No.13

    右個室トイレルーム、左バウバース

  • No.14

    個室トイレルーム

  • No.15

    個室トイレルーム、

  • No.16

    ウォシュレットトイレ

  • No.17

    手洗いシンク

  • No.18

    個室シャワールーム

  • No.19

    脱衣場 手洗いシンク

  • No.20

    シャワールーム

  • No.21

    シャワールーム

  • No.22

    床下ビルジ

  • No.23

    床下ビルジ

  • No.24

    床下ビルジ

ミッドバースは階段で下がった所で、バース後方から右舷がギャレー、前方は右舷に個室トイレルーム、中央にバウバース入口、左舷に個室シャワールームのレイアウトです。

キャレーはカウンターテーブルに清水シンク(2口)、電磁コンロ(2口)、カウンター下に電子レンジと収納庫、カウンター上部に収納棚と換気扇が配置されております。

ギャレーとトイレルームとの間には大型の冷凍冷蔵庫も備え付けてあります。

換気扇がついておりますので、調理時に排煙でき快適な環境を保つことができます。

トイレルームは広くバニティキャビネットシンクがあり、又、汚水タンクを装備していますので家庭用のウォシュレットトイレです。

シャワールームはクルーザーには珍しい脱衣場付きの広いもので、温水器を装備しておりますのでシャワーを快適に浴びることができます。

バウバース

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

    収納ロッカー

  • No.5

    収納ロッカー アナログTV(視聴不可)

  • No.6

  • No.7

    クローゼット

  • No.8

    クローゼット

  • No.9

    スカイライトハッチ

  • No.10

    エアコンスイッチ

バウバースは、ダブルベッドが備わったオーナーズルームになっており、天井も高く広さがあり、スカイライトハッチやポートホールも付いておりますので、明るいバウバースとなっています。

バウバースもあまり使われておりませんので、ベッドのほかに内装材に傷や汚れなど無く非常に綺麗です。

クローゼットや収納ロッカー、収納棚などの設備も充実しています。

なお、収納ロッカーにあるTVはアナログで使用できません。

機関・電装関係

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    エンジンハッチ(サブエンジンルーム)

  • No.2

    メインエンジンルーム出入口

  • No.3

    メインエンジンルーム

  • No.4

    右舷エンジン(No.4~No.10)

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

    左舷エンジン(No.11~No.17)

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

    エアコンユニット

  • No.19

    サブエンジンルーム(No.19~No.27)

  • No.20

    発電機

  • No.21

    発電機

  • No.22

    発電機

  • No.23

    発電機アワーメーター

  • No.24

    サブバッテリー

  • No.25

    集魚灯安定器

  • No.26

    舵シリンダー

  • No.27

    舵シリンダー、集魚灯安定器

エンジンルームはアフトデッキに出入口があり、メインエンジンルームとサブルーム分かれており、メインルームには2基のエンジンが、サブルームには発電機、清水タンク、燃料タンク、バッテリー等があります。

エンジンはマン製 D2842LE406 1090馬力(船検手帳記載)の2基掛けで、余裕を持ってクルージングができます。

取材当日は波が高く試乗できませんでしたが、オーナー様によると機関調子は良好とのことで楽に30ノットオーバー出るとのことです。

アワーメーターは右舷エンジン979.8時間、左舷エンジン880.6時間ですが、左は一時期メーターケーブルが外れていたため右より少ないですが、実働時間としては右舷エンジンとほぼ同時間です。

メンテナンスはマンの代理店に整備を委託しており、年1回上架時にエンジンオイル、ギヤオイル、エレメント、アノード等の消耗品を交換、点検整備をしております。

 

バッテリーはメインがエンジン用として245H52が2個、サブがスターンスラスター用と計器類等の兼用で245H52が3個、ツインシステムとなっております。

バウスラスター用は、130F51が2個装備され、昨年春に交換しておりエンジン始動、スラスターを含め良好です。

発電機は、ONAN 12kwを装備しており、集魚灯を使用しているため使用時間は、2127.2時間と多く、12V、24V、100V電源を有しております。

発電機も年1回上架時にエンジンオイル、エレメント等の消耗品を交換、点検整備をしております。

発電機のバッテリーは120E41で、こちらも昨年春に交換しております。

集魚灯はメタハラ(1kw)が12灯、LEDが4灯搭載され、夜釣りに対応しております。

更に、発電機のほかに陸電設備(100V)も有しておりますので、マリーナスティ時のエアコン等の電装機器類にも対応しております。

なお、ナビネット、無線機は旧スプリアス規格のため、平成34年11月までしか使用できませんので予めご了承願います。

機関・電装機器類は、見学・試乗時に機器調子、動作確認のほか整備状況も含めご自身でご確認、ご判断ください。

その他・取材条件

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

写真に写っている釣り竿やタックルなどの小物類は属しませんので、予めご了承下さい。

ご見学・ご試乗の場合は、事前にお問い合わせ下さい。

試乗の場合は、燃料代のご負担が出ますのでご了解下さい。

また、季節的な天候及び海上の状況等により、試乗出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。

      

取材条件

取材時にエンジン等機関関係・電装品等のすべての動作確認をしておりません。

記載内容につきましては、オーナー様に伺ったコメントを基に記載しており、取材時に試乗確認をしておりません。

必ず見学・試乗をしていただき、機関・電装機器類の機器調子、動作確認のほか整備状況も含めご自身でご確認、ご判断ください。

又、付属品につきましても見学・試乗時に必ずご確認ください。

なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。

 

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

中部北陸エリア 日本海エリア統括加納 東志一(かのう)

担当コメント:中部日本海側を統括しております。新潟県からのご出品の方もご依頼下さい。

090-3304-0135 FAX 058-272-0799
kano@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。