閉じる

ヤマハ DX25C-SV

漁船タイプ・漁船・業務船福岡県

管理番号:福岡県-006392 販売価格: 商談中(Sales Pending)

人気のシャフト船 アワーメーター僅か883時間

新着

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

HONDEX

スパンカー

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

コックピットカバー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
7.32m 1.75m 0.43m

  • 小回りが利くコンパクトなシャフト船がいいね
  • 燃費がいい船を探している
  • 古くてもエンジンがしっかりしていればいい

基本情報

進水年月 1994年01月
年式 1994年
定員 6人
サイズ 25ft
トン数 5t未満
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2020年10月16日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 71馬力 / 3050rpm(回転数)
最大馬力 80馬力
掲載時の使用時間 約883時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約17ノット
最高速度(参考) 約21ノット
燃料タンク容量 60リットル

広告


ヤマハDX25人気のシャフト船をご紹介します。使用時間は僅か883時間のエンジンです。

走行動画

  • No.1

外観/ペラ/シャフト

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

この船は1994年式ですので、船齢は24年が経過していますが、乗ってる時間が少ないだけに船体には大きなダメージはありません。

 

 

今までの使用状況をお伺いしたところ、現在のオーナーが約2年前に中古で購入されたときはまだ563時間だったらしく、取材時は883時間ですので、購入されて以降320時間ほど乗ったことになります。

 

 

 

 

全体的には通常の使用時に付く程度の細かいスレや、FRPの目立つカケや当てキズはありますが、いずれも軽微な程度です。

 

 

船底は、通常使用時に付いた軽微なスレやキズはありますが、ひどいキズや割れ等はないとの事です。

 

 

 

 

 

ガンネルには割れやキズ、経年劣化があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハルにはステッカーの剥がれや黄ばみ等はありますが、目立つような大きなキズはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャフト、ペラも問題なしです。

 

 

平成30年3月にシャフトコックボード(カットレス)交換されています。

 

 

平成30年9月に船底塗装、ペラクリン、亜鉛3枚交換、シャフト亜鉛交換をされています。

 

 

この写真は、船底塗装時にオーナに撮影していただき、ご提供いただきました。

 

フロントデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

    ハッチの補修痕

  • No.7

    ヒンジが外れ

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

    ホースは売却時に取り外します

デッキ表面はさすがに乗っていないだけあって、ノンスリップの減りは少な目です。

 

 

バウのロープ網フェンダーは取り外します。

 

 

錆だれやバウのキズがあります。

 

 

デッキ表面には、キズもあちこちにありますが、年式の古い艇によくありがちな表面がブアブアしているところはありません。

 

 

アンカーウィンチの動作は問題ありません。

 

 

ロープロッカーのハッチの補修痕や角の部分にFRPの割れが目立つところがあります。

それとヒンジが外れています。

 

 

イケスは問題なく使用可能です。

このハッチにも角の部分にFRPの割れが目立つところがあります。

 

 

サイドデッキに取りつけているホースは、売却時に取り外します。

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

外観は塗装の剥がれなどもあり、年式相応です。

 

 

左舷側のハンドレールの受けが電蝕で劣化している箇所がありましたが、ハンドレール自体はしっかりしています。

 

 

ワイパーは動きます。水も出ます。

 

 

 

 

両色灯、白灯は問題なく点灯します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフトデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

    FRPのめくれあり

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

    ポンプは付随しません

  • No.18

    付け根の部分の電蝕

アフトデッキ表面もきれいです。

 

 

年式の古い艇によくありがちな表面がブアブアしているところはありません。

 

 

イケスは普通に使用できます。

 

 

舵シリンダーも特別な問題はないとのことです。

 

 

クリートの根元に電蝕が発生していますが、グラつきはありません。

 

 

スパンカーは頑丈です。セールは作り変えられて間もないのできれいです。

 

 

オーニングとスパンカーはボルトで止めてありますので、トラックで運ぶ時の高さ調整は、割と簡単に取外しができます。

 

 

舵シリンダーも特に問題ありません。

 

 

点検口のヒンジ周りのFRPが、何かに引っかかってめくれてしまっています。

 

 

イケスはのポンプは付随しません。

コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

保管時はコックピットカバーをかけて保管されています。

 

 

 

正面の窓の視界は良好です。

 

 


航海灯類の電気関係は全部点灯いたしました。

 

 

 

 

両サイドのアクリル窓は、経年劣化で白っぽくなりつつありますが、割れはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンストップワイヤーをH29年10月にされましたので、スムーズにエンジン停止できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル、メーター、前進後進コントールレバーには不具合はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPS魚探も不具合はありません。

 

 

 

キャビンハッチの開閉も問題なくきっちり閉まります。

 

 

 

 

 

ドライバーシートには、破れと使用感があります。

 

 

 

キャビン/エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

キャビンも年式の割にきれいです。

 

 

高さはありませんが、大人が2人が横になれるスペースです。

 

 

アクリルの窓は経年劣化で白っぽくなって、正面のアクリルにはひび割れ箇所があります。

 

 

 

 

エンジンは、ヤマハ71W(MD200KHY)(連続最大80馬力)のエンジンが搭載されています。

 

 

取材時のアワーメーターはまだ834時間しか使用されていません。

 

 

1994年式ですので船齢は24年が経過していますが、あまり乗っていないだけにエンジンは年式の割にはきれいで、状態はいいです。

 

 

今までの使用状況をお伺いしたところ、現在のオーナーが約2年前に中古で購入されたときはまだ563時間だったらしく、取材時は883時間ですので、購入されて以降320時間ほど乗ったことになります

 

 


最高スピードは21ノット位だそうです。

 

 

燃費は測ったことがないのではっきりは分かりませんが、片道1時間15分のところへ釣行し、エンジンかけっぱなしで流し釣りを6-7時間位楽しんで帰ってきても、40Lも使わない位経済的だそうです。

 

 


今までのメンテナンスは、

 

 

平成29年9月

オイル交換、オイルエレメント交換、インペラ交換、グランドパッキン交換をされています。

 

 

平成30年3月

燃料フィルター交換をされています。

 

 

平成30年6月

オイル交換、オイルエレメント交換、ベルト2本(海水 清水)交換をされています。

 

 

今までに特別な不具合はない為、定期的なメンテナンスの他には大がかりな部品交換等はないとの事です。

 

 

エンジンの調子は良いとの事です。

動画をご覧ください。

取材状況/ご見学

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねます。

ご見学の際にはご試乗いただき、また、装備品や計器類の細かい動作など全てをご確認いただき、納得の上でご購入を下さいますようお願い致します。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者までお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

 

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。