閉じる

ヤンマー 和船 遊漁船 43フィート

漁船タイプ・漁船・業務船宮崎県

管理番号:宮崎県-006266 販売価格: 138 万円

半キール船ロングブリッジ

装備

コンパス

GPS

HONDEX HE7502

魚探

ヤマハYFV-660

AC/DCコンバーター

サーチライト

デッキライト

スパンカー

オーニング

イケス

アンカーローラー

個室トイレ

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
1150m 2.2m 0.9m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
14.55m 3.1m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 遊漁船業を始められる船を探している
  • ワイドなキャビンが欲しい
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1983年12月
年式 1983年
定員 11人
サイズ 43ft
トン数 4.5t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2021年07月25日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6GHS-HT
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 85馬力 / 1250rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約11681時間
推進機種類 シャフト船(キール)
巡航速度(参考) 約13ノット
最高速度(参考) 約18ノット
燃料タンク容量 1400リットル

広告


最近まで遊漁船として活躍していた船です。半キール船ですから時化にも強く安定した走りをするそうです。

最近90万円ほどかけて、シャフトと舵を新品交換、ペラは研磨をしたばかりです。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

進水されてから長年活躍していますが、つい最近まで現役でバリバリ活躍されていた船です。

 

 

 

船体はがっちりしていますので、航行に支障があるようなダメージはありません。

 

 

 

前のオーナーが平成10年7月に現在のロングキャビンに交換されているそうです。

 

 

 

全長は約14.55m、横幅は3.10mありました。

 

 

  

 

 

 

 

ハルには通常使用時にできたスレや水垢、汚れ、塗装の剥がれ等もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

船底は半キールです。

 

通常使用時に付いたキズやスレはありますが、特に問題点はありません。

 

また、両サイドにはサイドチョッパーがセットされていますので、直進性、安定性がいいそうです。

 

 

 

 

 

H30年7月にペラの研磨をされ、シャフトを新品交換、舵も新品交換されたばかりです。

 

ヤンマーさんで90万円ほど掛かったそうです。

 

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

デッキには塗装の剥がれや、スレや汚れ経年劣化などがあります。

 

 

ハッチの上にブア付くところがありますので、滑り止めもかねて

黒いゴムを敷いています。

 

 

 

 

 

 

フロントデッキはとても長く、バウ先端からブリッジの前までが5.85mありました。

 

 

バウデッキの幅もワイドですので、ここでも思いっきりキャスティングができます。

 

 

 

 

生簀、大容量の物入れがあります。

 

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

ブリッジ周りは特別に大きなダメージはありません。

艶もありきれいです。

 

 

 

前の所有者がH10年に現在のロングブリッジに交換されたそうです。

 

ブリッジの長さは約5.60mありました。

 

 

 

 

 

サイドウォークの高さは57-60cmと高めです。

 

幅は約55cmとワイドですので、サイドウォークでの釣りも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

両色灯、白灯、デッキライトも点灯します。

 

 

 

 

 

 

ここからエンジンルームにアクセスできます。

 

 

扉のヒンジにグラつきがあって、開閉が固いです。

 

 

アンカーローラーは作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広めのフライブリッジがあります。

 

あまりここで操船することがないので、現在はハンドルのケーブルを切っているそうです。

 

油圧が入っています。

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

アフトデッキにも塗装の剥がれや、スレや汚れなどは年式相応にありますが、化粧直しをすると見違える船になると思います。

 

 

 

アフトデッキは一番後ろからからブリッジの後までが3.1mありました。

 

 

 

 

 

 

個室トイレを増設されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椅子が設置されています。

 

 

 

 

 

 

ここには生簀はありません。

 

ハッチの下は物入れとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

舵シリンダーは錆止めの塗装がされています。

 

 

スパンカーは普通に使用可能です。

 

キャビン/操舵室

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

この船の特徴はこのロングなキャビンです。

 

高さもありますので圧迫感がありません。

 

 

 

天井の張り替えがされていますのできれいです。

 

コックピットハンドルの上の方から、雨がひどいときは雨漏りがする時があるそうです。

 

 

 

アクリル窓も張り替えをされていますので視界がいいです。

 

両サイドの窓の開閉も問題ないです。 

 

このラダーでフライブリッジにアクセスできます。

 

 

 

 

 

現在、室内は何もなくシンプルですが、ここに椅子などを設置したりすれば、かなりの人が座れると思います。

 

 

カーペットの下は床下収納スペースになっています。

 

 

 

コックピットは全体的に使用感がありますが、ここで操船するにあたっての特別な支障はありません。

 

 

 

正面の窓の視界は良いです。回転窓は作動します。

 

 

 

 

 

 

H30年7月にリモコンワイヤーを取り替えられたばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハカラー魚探、ホンデックスGPSがセットされています。

 

古いタイプですが、まだまだ使用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

メーターは作動します。

 

アワーメーター現在は1回転して1681時間を差しています。

 

 

法定備品はありませんので、ご用意ください。

 

 

 

 

 

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

ヤンマー6GHS-HTが搭載されています。

 

 

外観にはけっこう錆があり塗装の剥がれもありますが、現役のエンジンです。

 

 

H30年3月中ごろにオイル交換、オイルフィルター交換、燃料エレメントの交換をされています。

 

 

オルタネーターも交換されています。

 

 

燃費は良さそうです。

 

使用状況は、片道30-40分のところに釣行して、ポイントを探りながら流し釣りを8時間位して帰ってくるそうです。

 

その時の燃料消費は約60L位だそうです。

 

燃料タンクは4つのタンクで計1400L位入るそうです。

 

 

 

最近オイル喰いがあるようです。

 

1回出航する毎にゲージで5mm位減るそうですので、点検をして減っているときはオイルを足して出航されるそうです。

 

 

 

スピードはフルで約18-19ノット位、巡航は約2200回転時で13-15ノット位で走るそうです。

 

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗いただき、納得の上でご購入を頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。