閉じる

ヤマハ DX27D-1CS(GK5)

漁船タイプ・漁船・業務船福岡県

管理番号:福岡県-006263 販売価格: 298 万円

わずか1218時間 超きれいなオススメ艇

更新

装備

コンパス

微速装置(トローリング)

オーニング

イケス

電動リール電源

コックピットカバー

DC/DCコンバーター

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
7.87m 1.95m 0.65m

サイズ(カタログ値)

実長 実幅 高さ
8.23m 2.15m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 小回りが利くシャフト船がいい
  • 綺麗で清潔な船を求めている
  • 使用時間が少ないエンジンがいい

基本情報

進水年月 2004年09月
年式 2004年
定員 8人
サイズ 27ft
トン数 1.5t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年12月29日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 MD380T(N36)
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 127馬力 / 2907rpm(回転数)
最大馬力 140馬力
掲載時の使用時間 約1218時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約15ノット
最高速度(参考) 約22ノット
燃料タンク容量 75リットル

広告


釣りに徹した27フィートシャフト船「ヤマハDX27D」をご紹介します。

オーナーのお手入れにより、とてもきれいなコンデションを保っています。

このサイズのシャフト船は数が少ないので、希少な船と言えるでしょう。

しかもエンジンの使用時間はわずか1219時間。まだまだこれからのエンジンです。どうぞご見学をお待ちしております。

 

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

この船は、平成16年式ですので、中古艇市場の中ではまだまだ新しい方です。

 

 

新艇時からずっと上架保管されていたそうで、現在のオーナーが譲り受けてから2年間のみ海上係留されているそうです。

 

 

また、使用回数もかなり少ないため、年式の割にきれいなコンデションをキープしています。

 

 

 

 

写真のフェンダーは付随しませんのでご了承ください。

 

 

 

セミV型船型にストライプが採用されているので、波切がスムーズだそうです。

 

 

 

ハルには軽微なスレ程度はありますが、大きなダメージはありません。

表面の光沢もありきれいです。

 

 

ガンネルには多少の経年劣化やキズ等もありますが、使用するには全く問題ありません。

 

 

 

 

 

アクセントステッカーはオリジナルのままです。

 

陸上保管が長かったのでこの状態を保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材時(H30年10月)にエンジンメンテナンス、船底掃除、塗装、亜鉛交換を行ったばかりです。

 

ペラクリーンも塗っています。

 

 

 

 

フロントデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

デッキは凹凸をなくしたフラットでワイドなスペースです。

 

 

かんざしもきれいでガッチリしています。

 

 

生け簀は2室、結構深めです。スカッパ―はメンテナンス済です。

 

大きめの物入れも2室あります。

 

ハッチの裏側まできれいにされています。

 

 

 

デッキは使用頻度が少ないのもあって、ノンスリップの減り具合が少ないです。

 

 

ブアブアするところは一つもなく、表面はがっちりしっかりしています。

 

 

また、オーナーの手入れにより、撒き餌や魚のこびりついた臭みや汚れはありません。

 

ブリッジ周り/サイドデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

ブリッジ周りも特別なダメージはありません。

 

 

海上係留の期間が少ないので、アクセントステッカーのスレも少な目です。

 

 

ハンドレールの電蝕もなく、取付部分もガッチリしています。

 

 

 

 

 

 

白灯、両色灯はLEDに交換されています。

 

電動リールの電源がここにもセットされています。

 

 

 

 

 

 

サイドウォークの幅は約32cm、高さは32cmと低めですので、その上に60cmの高めのハンドレールが取り付けられています。

 

ですから、前後デッキへのアクセスは安心感があります。

 

 

 

 

 

 

コックピットカバーとオーニングのファブリックは最高級の「マリンCANBAS」製です。

 

マリンCANBASのホームページ

 

コックピットカバーのレールはサイドキャストレールが採用されています。

コックピット

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

天井もきれいですし、フロント窓の視界も良いです。

 

 

ワイパーも作動します。

 

 

両サイドのアクリル窓はオリジナルのままだそうです。

陸上保管が長かっただけにきれいです。

 

 

ハンドルは軽く、前進後進リモコン、メーター類の不具合はありません。

取材時のアワーメーターはまだ1218時間でした。

 

 

微速装置がセットされています。

 

 

写真には写っていますが、ダッシュボードの上の魚探ホルダーは売却時に取り外されますのでご了承ください。

アフトデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

    スパンカーを取り外した痕

アフトデッキも凹凸のないフラットデッキです。

 

 

フロントデッキと同様に。使用頻度が少ないのもあって、ノンスリップの減り具合が少ないです。

 

 

ブアブアするところは一つもなく、表面はがっちりしっかりしています。

 

 

また、オーナーの手入れにより、撒き餌や魚のこびりついた臭みや汚れはありません。

 

 

クリートの取付も頑丈です。

 

 

点検口がありますので、ここからペラや舵を点検することができます。

 

 

深め、大きめの物入れがあります。

 

 

舵シリンダーも不具合ありません。

 

 

以前スパンカーがあったらしく取り外した痕があります。

 

シリコンやビス穴の痕がありますが、プロの職人による処理が行われていますので、ここがブアブアしている感じはありません。

 

キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

ここも清潔に使用されています。

 

 

ちょっとした休憩や、雨や寒さをしのぐ時のゆとりのスペースがあります。

 

 

扉の開閉もスムーズです。

 

 

 

 

 

 

アクリル窓には内側から黒いカッティングシートが貼っていますので、プライベートを守り、紫外線も防いでくれます。

 

 

 

法定備品はありませんので、全てご用意ください。

 

 

 

 

24から12Vに変換できる30アンペアのDC/DCコンバーターが設置されています。

エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    振動子は取り外します

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

エンジンはヤマハMD380T(N36)最大馬力140馬力が搭載されています。

ヤマハホームページよりエンジンMD380T

 

 

微妙なコントロールを可能にした微速装置もついていますので、流し釣りにも最適です。

 

 

外観には錆や塗装の剥がれもところどころに見受けられますが、使用時間が少ないこともあり、年式の割にきれいな方です。

 

 

また、今までに故障等がないため、大きな部品交換などの経験がないとのことです。

 

 

しかしながら乗る頻度は少なくても、オイルやフィルター交換などの定期的なメンテナンスはきっちりされていたそうです。

 

 

最近のメンテナンスは取材時の10月にオイル交換、オイルエレメントの交換をされたそうです。

 

 

バッテリーはH29年7月に交換されたそうですので、まだまだパワーは充分です。

 

 

最高スピードは約22から23ノット位だそうです。

 

 

燃費もすごくいいらしく、調子は抜群だそうです。

 

 

写真には写っていますが、振動子は売却時には取り外されますのご了承ください。

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗いただき、納得の上でご購入を頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

ご試乗の場合はマリーナの上下架料金をお支払いください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。