閉じる

ヤマハ FR34(FG7)

プレジャーボート福岡県

管理番号:福岡県-005999 販売価格: 598 万円

使用時間わずかです

新着

装備

コンパス

GPS魚探

サーチライト

トランサムステップ

スイムラダー

電動式アンカーウィンチ

ハードトップオーニング

イケス

デッキウォッシュ

ロッドホルダー

マリントイレ(電動式)

ギャレー

エアコン(家庭用)

液晶テレビ

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
10.07m 2.75m 1.03m

  • フライブリッジで爽快に操船したい
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 時化に強く頑丈な船を探している

基本情報

進水年月 1990年06月
年式 1990年
定員 12人
サイズ 34ft
トン数 5t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 本検査
(2020年03月17日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ボルボペンタ
エンジン型式 TAMD71
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 270馬力 / 2400rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約313時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約22ノット
最高速度(参考) 約29ノット
燃費 1時間あたり
約40リットル
燃料タンク容量 450リットル

広告


人気のヤマハFR34シャフト船をご紹介します。

よく手を入れられています。

走行動画

  • No.1

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

 

 

 

現在のオーナーは今年の3月にこのボートを購入されたばかりだそうですが、急に前々から狙っていた大型艇のご縁が出来たので、売却されることとなりました。

 

 

今まではマリーナさんが所有されていた艇で、ずっと陸上に上架保管されていたそうです。

 

 

船底は現オーナーが初めて塗装され海に浮かべたそうです。

 

ですから船底の表面は滑らかですし、シャフト、ペラの電蝕もなく状態はすごくいいとのことです。

 

船底の写真は以前のマリーナさんからお借りしたものです。

 

 

 

 

 

 

1990年06月に進水されていますので、船齢はずいぶん経ちますが、特別な大きな損傷はありません。

 

 

サーチライトはLEDを新設されています。

 

 

 

 

 

 

 

ワイパーは作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バウスプリットにも大きなキズはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンネルにはキズや凹み、一部にゴムの剥がれ箇所もありましたが、ひどいものではありません。

 

 

アクセントステッカーの剥がれや色褪せは年式相応に発生しています。

 

 

 

 

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

フロントデッキ表面はきれいです。

 

歩き回りましたが、表面は頑丈でブワブワした感じはありません。

 

バウスプリットも頑丈です。

 

 

 

アンカーローラーも作動します。

 

 

 

バウから中央付近までレールを設置していますので、前後デッキへのアクセスは安心感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープロッカーのハッチのヒンジが腐食で割れています。

 

 

クリートの電蝕も見受けられますが、グラつきはありません。

このくらいの年式になりますと、どの船もこうなっています。仕方ないですね。。。

 

 

 

 

 

 
 

フライブリッジ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

 

コックピット周りはFRPの色あせが年式相応に発生していますが、ここでの操船は問題なくできます。

 

汚れに関しては洗えばきれいになります。

 

 

 

 

写真には写っていますがレドームは売却時に取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

ウィンドシールドの左側一部に割れがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル、前進後進のリモコン操作は不具合ありません。

 

 

メーターは透明感がなくなって見づらいですが、普通に作動しています。

 

 

 

 

 

 

ドライバーシートは折りたたみ式です。

 

 

ハードトップオーニングもセットできます。

 

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

 

 

 

 

アフトデッキ表面はきれいにされています。

 

 

 

通常使用時に発生したキズやスレなどは軽微にありますが、ひどいものはありません。

 

 

 

表面がブワブワした感じはありませんでしたし、ノンスリップの目時の減りもなく状態は良いです。

 

 

 

いけすも問題なく使用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

ハッチはきっちりと開閉できます。

 

ラダーもしっかりしています。

 

 

 

 

 

 

 

舵シリンダーも不具合ありません。

 

 

覗き窓のメンテナンスをされたばかりですので、ここからの水漏れはありません。

 

 

 

 

 

 

 

ハッチはひっかかることなくスムーズに開閉できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにエアコンの室外機がセットされています。

 

扉を開けたところにエアコンを回すためのポータブルの発電機をビルトイン出来るようにしています。

 

発電機はご用意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッキホースからの水は問題なく出ます。

キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

室内は清潔にされています。

 

壁や天井は綺麗ですし、室内の気になる生活臭やカビ臭さはありません。

 

 

 

ロッドやリールなどの私物は売却時には片付けます。

 

 

 

 

黒いレカロシートは売却時には別の物に取り替えられます。

 

 

 

対面式のゲストシートは、張り替えられてきれいです。

 

 

 

 

 

 

家庭用のエアコンは取り付けられたばかりです。良く冷えるそうです。

 

 

ポータブル発電機で回します。

 

コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

    交換前の写真

  • No.10

    313時間

  • No.11

    交換後の写真

  • No.12

 

 

 

ステアリング、前進後進リモコンなどは問題なく作動しますので、ここでの操船は問題ありません。


 

 

 

 

 

 

コックピットの、GPS魚探は3月に新設されたばかりです。

写真には写っていますがレーダーは売却時に取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

液晶TVが設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材時のアワーメーターは313時間で4月ごろにストップしてしまったそうです。

 

それで新しいアワーメーターに新品交換されました。

 

ちょうど取材時にエンジニアさんが交換されるところでしたので、記録写真を残しました。

 

 

 

個室トイレ/バウバース

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個室トイレは清潔です。

 

電動の本体は普通に使用できます。

 

 

 

 

 

 

 

バウバースの天井や壁はきれいです。

 

エンジン

  • No.1

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.18

ボルボペンタTAMD-71が搭載されています。

 

現在のオーナーは今年の3月にこのボートを購入されたばかりだそうですが、急に前々から狙っていた大型艇のご縁が出来たので、売却されることとなりました。

 

それまではマリーナさんが所有されていたそうで、ずっと陸上に上架保管されていたそうです。

 

また、使用頻度はかなり少ないのが特徴です。

 

 

 

 

3月の購入時には消耗品の交換をされているようです。

 

海水インペラ交換

 

エンジンオイル交換

 

ギアオイル交換

 

燃料フィルター交換

 

オイルフィルター交換

 

ベルト交換

 

エアエレメント交換

 

スタンチューブグリスコットン交換

 

ビルジポンプ3台交換

 

 

 

外観は、目視で錆やオイル漏れがわかりますが、ボルボエンジンはこれくらいの年式になると、どこからかオイルがにじんで漏れてくるのですが、極端なオイルの減りはないですし、不具合等はありません。

 

 

 

 

取材時は試乗をさせていただきました。

どうぞ動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗いただき、納得の上でご購入を頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。