閉じる

ヤンマー DA50DV

プレジャーボート大分県

管理番号:大分県-005897 販売価格: 商談中(Sales Pending)

遊漁船に!装備多数

新着

装備

法定装備

コンパス

GPS

KODEN GTD121

魚探

KODEN CVS1410HS

レーダー

KODEN MDC2060

オートパイロット

3連リモコン

無線機

AC/DCコンバーター

デッキライト

スパンカー

電動式アンカーウィンチ

2個

イケス

デッキウォッシュ

集魚灯

マリントイレ(手動式)

エアコン(家庭用)

ヒーター

電子レンジ

ヒューガルポンプ

探検丸FCV627

サテライトコンパス

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
13.82m 3.07m 1.03m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
15.8m 3.15m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • 手間がかからずにすぐに乗れる船がいい
  • 装備が充実している船がいい

基本情報

進水年月 2001年11月
年式 2001年
定員 14人
サイズ 50ft
トン数 6.2t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海,漁船
次回船検 本検査
(2021年11月21日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6GX-GT
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 550馬力 / 2430rpm(回転数)
最大馬力 600馬力
掲載時の使用時間 約11765時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約19ノット
最高速度(参考) 約28ノット
燃費 1時間あたり
約50リットル
燃料タンク容量 1500リットル
発電機

メーカー名:ホンダ

ワット数:1.6kw

燃料:ガソリン

メーカー名:博電社

ワット数:12kw

広告


現在もバリバリ遊漁船として活躍中のヤンマーDA50DVをご紹介します。 

キャビンを広くされたカスタム艇です。また、充実の計器類が搭載されています。

船の入れ替えの為、お引渡しは11月初旬となりますことをご了承ください。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

平成13年11月に進水されていますので、船齢は17年近くが経過しますが、オーナーの手入れによりGOODなコンデションを保っています。

 

 

 

 

全長は15.8m、横幅は3.15mありました。

 

 

 

 

 

 

ヤンマーのメーカー船だけに船体はがっちりしています。

航行に支障があるようなダメージはありません。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

ハルは年式の割にはきれいに使用されている印象です。

 

通常使用時にできたスレや水垢、汚れ等もありますが、軽微なものでひどいものはありません。

 

 

 

 

 

 

イカ釣りシーズンのご見学になりますと、船体がイカ墨で汚れてしまってますのでご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船底は通常使用時に付いたキズやスレはありますが、特に問題点はありません。

 

ペラ、シャフトも問題なしです。

 

 

 

 

 

舵はもともと内舵仕様だったのを、外舵仕様にされています。

 

また、舵の縦横を加工して広くしましたので、バック時の舵効きも良いとのことです。

フロントデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

 

 

デッキにはノンスリップが敷いてあります。

 

魚や餌の匂いや滑りもなく清潔に保たれています。

 

 

バウを50cmほど増設していますので、港からの乗り降りが楽になっています。

 

 

 

 

フロントデッキはとても長く、バウ先端からブリッジの前までが7.75mありました。

 

 

フラットデッキですし、船体の幅は3.15mとワイドですので、ここで思いっきりキャスティングができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカーウィンチはフロントにイカ―ル400wが1個と、左舷側中央にもう1個セットされています。

 

 

 

 

 

 

収納スペースも広いです。

 

法定備品もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発電機がうまくビルトインされています。

 

 

 

 

 

 

このアンカーウィンチのスイッチ周りは電蝕が発生していますので、別のスイッチをつけています。

 

とうぜん普通に使用可能です。

 

 

 

 

 

 

両サイドに海水ホースがセットされていますので、ちょっとした洗い物には便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには生簀は大3室小2室の計5室あります。

 

 

スカッパ―もきっちり閉まります。

 

 

その他は大容量の物入れとなっております。

 

 

各ハッチはガッチリしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジ周り

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

 

 

艶もありきれいです。

 

特別に大きなダメージはありません。

 

 

 

 

 

両舷灯、白灯も問題なく点灯いたします。

 

 

集魚灯はメタハラ3kwが3個、ハロゲン1kwが3個あります。

 

 

機関室に発電機12kwが搭載されています。

 

 

 

 

この船の特徴は、キャビンを2m長く増設され、長さは約5.8mある居住性も考えられたたロングなキャビンです。

 

 

さらに天井も20cm高くされていますので、180cmの身長の方でもかがむことなく立っていられるとのことです。

 

 

両サイドにはスライドドアがついています。

開閉もスムーズです。

 

 

また後ろデッキが狭くならないように、1m前にキャビンを移動させたそうです。

 

 

 

ローラー、ヒューガルポンプは使用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

ここにエアコンの室外機がビルトインされています。

 

 

 

 

 

 

サイドウォークの高さは約55cm、その上に27cm位の波よけを増設されています。

 

 

サイドデッキの幅は約58-60cmとワイドですので、ここでの竿出しも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろのキャビンドアの開閉もスムーズです。

 

個室トイレは清潔にされています。

 

アフトデッキ

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

アフトデッキも頑丈です。

ぶあつく所はありません。

 

 

ここも臭みや滑りはありません。

きれいにされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

生け簀が1室増設されています。

 

その他は物入れです。

 

 

 

 

 

 

 

ここから燃料タンクのコックが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舵シリンダーの外観には錆も見受けられますが、特別な問題はなく使用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スパンカーは、釣りがしやすいように設計されたフレームです。

 

効きも良いとのことです。

キャビン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

釣りのお客様の為に居住性を考えられたロングキャビンです。

 

前にもご説明しましたが、この船の特徴は、キャビンを2m長く増設され、さらに天井も20cm高くされていますので、180cmの身長の方でもかがむことなく立っていられるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコン、電子レンジも設置されています。

 

 

両サイドの窓の開閉はスムーズです。

 

 

 

 

 

 

左舷側に1人用がひとつ、3人掛けの長椅子がひとつ、前には小さい椅子がひとつあります。

 

 

 

 

 

 

 

右舷側に1人掛けの椅子がひとつありますので、ここには6人のゲストが腰かけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプテンシートの下に、メタハラの集魚灯配電盤がセットされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプテンシートは、腰にやさしいレカロシートがセットされています。

 

その後ろには1人掛けの椅子が見えます。

 

 

コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    一番右のGPSは付随しません

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

    これは付随しません

計器類がきれいに取り付けられていますので、見た目もいいかっこいいコックピットです。

 

全体的にきれいに使用されています。

 

 

上には汽笛がセットされています。

 

 

 

 

 

正面の窓の視界は良いです。

 

 

回転窓は問題なく作動します。

 

 

レピータコンパスが設置されています。

 

 

 

 

 

写真には写っていますが、一番右のGPSは付随しません。

右から2番目からのGPS、魚探、レーダー、探検丸は付随します。

 

 

オートパイロット、3連リモコンも使用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドル、前進後進リモコンも問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワーメーターは現在は一回りして1765時間を差しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元にはデフロスターが設置されていますので、冬でも足元が温かいです。

 

 

 

写真には写っていますが、シマノの魚探2個は預かりものですので付随しません。

バウバース

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.6

ここでは3人が横になれるスペースです。

 

 

 

 

窓の開閉もできます。

バッテリー室

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

 

 

キャビンのハッチの下はバッテリーが4個あります。

 

バッテリーの他にメタハラ安定器が2個セットされています。

機関室/エンジン

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

    シールスタン

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

エンジンはヤンマー6GX-GTです。

 

 

船舶検査手帳550馬力 / 2430rpm(回転数) 最大馬力は600馬力です。

 

 

 

機関室もオーナーのお手入れによりきれいにされています。

 

 

エンジン本体も、何かあっても目視で確認できるように、いつもきれいにされているとの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃料タンクは400L×2個、350L×2個のタンクで約1500L入るそうです。

 

 

 

スピードはフルで約28ノットだそうです。

 

巡航は1800回転で約18ノットで走るそうです。

 

 

 

巡航時の燃費は1時間当たり約50L位だそうです。

 

 

 

 

 

 

オイルとフィルターは350時間毎にきっちり交換されているそうです。

 

インペラは毎年交換されているそうです。

 

最近は11月に交換されているそうです。

 

 

 

ターボは昨年29年5月頃に新品交換されています。

 

 

消耗品の交換はマメにされていますが、その他は特別な大きな故障もなく、機関は好調とのことです。

 

 

 

エンジン始動した動画を撮りました。排気もきれいです。

 

その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗いただき、納得の上でご購入を頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

ご試乗の場合は10.000円をお支払いください。成約されましたらご返金いたします。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

また、入れ替えの為、お引渡しは11月初旬となりますことをご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。