閉じる

ヤマハ FW-23 (GC7)

プレジャーボート高知県

管理番号:高知県-005693 販売価格: 売却済(SOLD)

綺麗な船体です!GPS魚探、アンカーウィンチ、クロスビット付き。

装備

法定装備

GPS魚探

KODEN CVG-7070

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

フェンダー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
6.27m 1.95m 0.88m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
7m 1.95m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 手軽な釣り船をお探しの方に。
  • Tトップのフィッシングボートがいい!
  • やっぱり油圧操舵はほしい。

基本情報

進水年月 1994年08月
年式 1994年
定員 8人
サイズ 23ft
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤマハ
エンジン型式 62Y(F50)
燃料種類 4ストロークガソリン
搭載数 1基
検査手帳馬力 50馬力
掲載時の使用時間 約1184時間
推進機種類 船外機
燃料タンク容量 24リットル

広告


◆この艇のオーナー様は次の艇にお買い換えの為、出品をご依頼していただけました。

 

 

 ◆船体は平成6年進水の艇で、船体はガンネルも交換され、ステンレスのクロスビットも取り付けてリフレッシュされています。また、デッキも硬く、船底にも特に大きな損傷なども無いように見受けられました。

 

 

 ◆船外機はヤマハ製4サイクル直列4気筒の F50を搭載しています。また、取材時のエンジンアワーは約1,185時間でした。これはあまり大きく増えることは無いと思われます。なお、取材当日は上架状態でしたので、試乗はしておりませんが、エンジンの始動動画を掲載していますのでご確認下さい。

 

 

 ◆取り回しの良い大きさと、Tトップ、電動アンカーウィンチ、GPS魚探も装備で近場の釣りや、作業船などにも使えそうです。また、操舵は油圧ですので、頻繁な舵操作も容易です。

 

 

◆船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にのみ口頭でお伝えしています。ご了承下さい。

 

 

◎記事は客観的に書く事を心掛けています。また、写真は一眼レフで撮影し、見え難い様な事が無いようにチェックしていますが、ご不明点などございましたらお気軽に当方までお電話でお問い合わせ下さい!

船体外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

◆船体外観はガンネルを新調してあるので、船齢からすると綺麗な印象を受けます。また、ハルにも大きな損傷などは無いように見受けられます。

 

 

 

◆もともとは係留保管艇ですが、船底はオーナー様がメンテナンスの為に上架して船底掃除した状態で撮影しました。船底も航行に支障があるような大きな損傷などは無いように見受けられました。

操船部・デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    Tトップ良好

  • No.4

  • No.5

    GPS魚探付き

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

    ストレージ

  • No.12

    ストレージ内部

  • No.13

  • No.14

    ストレージ内部

  • No.15

  • No.16

    イケス

  • No.17

    ロープ編フェンダー

  • No.18

    アンカーウィンチ

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

    フロントデッキ・ストレージ

  • No.26

  • No.27

    フロントデッキ・ストレージ

  • No.28

    フロントデッキ・ストレージ

  • No.29

    アンカー・ストレージ

  • No.30

    アンカー・ストレージ

  • No.31

    アンカー・ストレージ

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

    左舷に燃料タンク

  • No.41

    リアデッキ・ストレージ

  • No.42

    燃料タンクは24Lです。

  • No.43

    リアデッキ・ストレージ

◆センターコンソールにはTトップが備わっており、フレーム、テント生地もしっかりしていました。アクリルの風防も多少ヘアクラックは入っていますが、大きく視界を損なうほどではありません。

 

 

 

◆取材時には取り付けられいませんでしたが、現在はKODENのGPS魚探(CVG-7070)が取り付けられています。

 

 

 

◆操船部にはステンレスフレームに木製の板を載せたシートが取り付けられており、その下にはイケスが備わっています。

 

 

 

◆バウには綺麗なロープ編フェンダーが取り付けられ、電動アンカーウィンチ、クロスビットも艤装されています。

 

 

 

◆フロントデッキにはアンカー・ロープ用のストレージとセンターコンソール前にもストレージがあります。サブタも船齢なりの経年劣化はあるものの使用に支障は無さそうです。

 

 

◆リアデッキも両舷にクロスビットが艤装され、係留保管時には重宝しそうです。いずれもしっかりしていました。リアストレージは右舷にバッテリー、左舷に24リッターの燃料タンクが載っています。センターには深いストレージがあり、底面が広くなっているので、外観よりも大きな物が入ります。

 

 

 

◆デッキは全体的に硬く、ノンスリップの状態も良好です。

 

 

 

◆リアのブルワークにはリガーマリンの竿受けのベースが取り付けられていますが、竿受け本体は1個だけ付属しています。

船外機

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

    チルトモーター廻り

  • No.14

    チルトモーター廻り

  • No.15

    チルトモーター廻り

  • No.16

    アワーメーター

  • No.17

  • No.18

    銘板

  • No.19

    油圧操舵

  • No.20

  • No.21

  • No.22

    プロペラスペック

◆船外機は平成10年製造のヤマハ製4サイクル直列4気筒の F50を搭載しています。また、取材時のエンジンアワーは約1,185時間でした。これはあまり大きく増えることは無いと思われます。なお、取材当日は上架状態でしたので、試乗はしておりません。

 

 

 

◆船外機は上架した際にエンジンオイル、オイルエレメント、サーモスタット、インペラ、プロペラのシャフトシール、ギアオイルを交換されています。

 

 

 

◆カウルは塗装されています。プロペラ、キャビテーションプレート、スケグにも欠けや曲がりも無く良好です。

 

 

 

◆チルトモーター廻りにも大きな腐食などはありませんでした。また、チルト油圧シリンダー・シールからもオイルの漏れは見受けられませんでした。また、チルト・アップ、ダウンの動作も良好でした。

※この艇はこの船外機に載せ替えられてから検査を受けていませんので、定期検査の申請時に載せ替えの申告が必要です。(現在は検査切れです。)

 

 

 

◆操舵油圧シリンダー部からもオイル漏れは見受けられませんでした。操舵装置の動きも良好でした。

 

 

 

 

◆始動動画を掲載していますので是非ご覧下さい。

 

 

※上記は取材日に動作確認したものです。ご見学時には各部の動作確認をご自身の手で実施されて下さい。

 

JCI検査証書・検査手帳

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

◆この艇は「日本小型船舶検査機構(JCI)」の登録船です。なお検査は切れています。

 

 

 

◆この艇の正確な情報をお伝えする為に船舶検査証書と検査手帳を個人情報を伏せた状態で掲載しています。船体の型式、定員、用途、登録上の船体寸法、航行区域、航行上の条件、進水年月日、検査の状況などをご確認下さい。なお、船外機を載せ替えていますので、この検査手帳には以前に載っていた船外機が記載されています。定期検査を受けられる際にその旨を申告をすれば書き換えられます。

 

 

 

※艇の所有権変更や航行区域、船籍港、船名などの変更に伴う費用は原則的に買主様のご負担となります。なお、当方ではご希望の都道府県市町村を母港にされた場合に選択可能な航行区域や「臨時航行」に関する手続きなどのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

取材状況・現船見学やご購入後の手続き等につきまして

◆この艇は高知県内に陸上保管されています。艇は私、平田が2018年2月に現地で取材していますので、ご見学をご希望の方は、まずは一度お電話で艇の詳細をお問い合わせいただいてからご見学の日程をご検討いただければ幸いです。

 

 

 

 ◆「とりあえず船はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせをよくいただくのですが、船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にのみお伝えしています。なにとぞご了承下さいませ。

 

 

 

◆ご見学は調整が必要ですが随時可能です。なお、現在は陸上保管の為、試乗をご希望の場合は上下架費用4,000円をご負担お願い致します。※先々係留保管にされるかもしれません。詳細はお問い合わせ下さい。

 

 

 

◆是非一度よく現船をご覧になられて、外観的に気に入られてご納得されましたら各部の動作確認をしていただき、必要でございましたら、ご試乗をされる事をお勧め致します。

 

 

 

◆陸送につきましてもお見積もり可能ですので、必要でございましたらお申し付け下さい。

 

 

 

◆晴れてご成約となりましたら、売買契約書は当方で作製させていただきまして、売主様、買主様ともにご署名とご捺印をお願いしています。

 

 

では、皆様からのお問い合わせをお待ちしています!

 

 

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

この船のyoutube動画:


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国&岡山&鳥取エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:岡山&鳥取エリア、四国の全県を担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。