閉じる

シーレイ SunDancer 315DA (280DA)

プレジャーボート徳島県

管理番号:徳島県-005390 販売価格: 700 万円

装備充実でゴキゲンな艇!フルオーニング仕様で夏は勿論の事、寒い時期も楽しめそうです。

新着

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

HONDEX HE-81GPⅡ-Di

無線機

FURUNO FM-2678

フラップ

ツーバッテリーシステム

サーチライト

SANSHIN HR-1012

デッキライト

トランサムステップ

スイムラダー

ウィンドラス

オーニング

シーアンカー

デッキシャワー

ロッドホルダー

フェンダー

マリントイレ(電動式)

ギャレー

マリンエアコン

液晶テレビ

DVDデッキ

ステレオ

電子レンジ

冷蔵庫

陸電システム

陸電コード

BBQグリル

マリンコンバーター

トランサム水中LEDライト

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
7.78m 2.8m 1.97m

サイズ()

実長 実幅
9.3m 2.83m

  • 週末の別荘代りに使いたい
  • 仲間と船上パーティーを楽しみたい
  • 休日は家族とマリーナステイで楽しみたい

基本情報

進水年月 2003年02月
年式 2003年
定員 12人
サイズ 31ft
トン数 3.7t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2019年11月07日)
船底塗装歴 あり
保管状態 陸上
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 マーキュリー
エンジン型式 MCM4.3L
燃料種類 4ストロークガソリン
搭載数 2基
検査手帳馬力 130馬力 / 4000rpm(回転数)
掲載時の使用時間 右:約494時間
左:約499時間
推進機種類 ドライブ艇
発電機

メーカー名:コーラー

ワット数:5kw

使用時間:312h

燃料:ガソリン

広告


◆この艇のオーナー様はお乗り換えの為、出品をご依頼いただけました。

 

 

◆艇は平成15年進水です。船体にはので取材時の船齢は約14歳ですが、ゲルコートや外装品に船齢なりの経年劣化はあるものの大きな損傷やたちまち大きな補修が必要な個所は見受けられませんでした。トランサムステップにはやや傷はあるものの、ハル、ガンネル廻りも大きなアテ傷や割れなども見受けられませんでした。

 

 

◆コクピット廻りもゴージャスな雰囲気があり、メーター類の視認性、スイッチ類も全ての動作確認をしてはいませんが外観的に特に問題がありそうな箇所はありませんでした。

 

 

◆コクピットの横(船体中央)にはキャビンに入っていける横スライド式のドアがあり、キャビン内ギャレーにはコンロ、電子レンジ、トイレ・シャワー、マリンエアコン、テレビ、DVDプレイヤー、オーディオなども備わっています。

 

◆エンジン発電機や陸電システムを備えた艇ですので、クルージングからマリーナステイも楽しめます。ベッドスペースはVバースに2名様分、ミッドシップ(コクピット下あたり)に個室のようになった2名様向けベッドスペースがあります。

 

 

◆コクピット廻りからアフトデッキにかけてはゆったりしたソファーがあり、ご家族や、お仲間とワイワイやりながらの航海が楽しめそうです。また、アフトデッキにはテーブルがあり、その横のブルワークにBBQコンロ(付属)をセットできます。

 

 

◆アフトデッキ下にはマーキュリーMCM4.3Lガソリンエンジン(4サイクル自然吸気V型8気筒、検査手帳の連続最大出力130PS/4,000rpm)が2基搭載されています。取材時のエンジンアワーは右が約494時間、左が約499時間でした。ドライブもマーキュリー製ですが、こちらもオイル漏れなどは見受けられませんでした。

 

 

 

◎記事は客観的に書く事を心掛けています。また、写真は一眼レフで撮影し、暗くて見えにくいような写真ができるだけ無いように、一枚一枚明るさをチェックして掲載していますが、見えにくい箇所や写っていない箇所などがございましたらお気軽に当方までお電話でお問い合わせ下さい!

船体外観・船底・ドライブ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

コクピット中央が開きます

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

ウィンドラス

No.25

No.26

ウィンドラス

No.27

No.28

No.29

No.30

No.31

No.32

No.33

ラダー

No.34

ステップの傷

No.35

No.36

No.37

No.38

No.39

No.40

No.41

No.42

No.43

No.44

No.45

フラップ

No.46

フラップ

No.47

LED水中ライト

No.48

LED水中ライト

No.49

No.50

No.51

No.52

No.53

No.54

No.55

No.56

◆この艇はオーナー様が乗り替えの為に出品をご依頼いただけました。

 

 

 

◆艇は平成15年進水ですので取材時の船齢は約14歳です。ゲルコートやオーニング、外装品に船齢なりの経年劣化はありますが、特に大きな補修が必要な個所は一見見受けられませんでした。

 

 

 

◆船体外観全体を見渡すと、トランサムステップにやや傷はあるものの、フルオーニング、デッキ、ハル、ガンネル廻りにはたちまち補修が必要がありそうな大きなアテ傷や割れ、摩耗などは無いように見受けられませんでした。

 

 

 

◆船底は塗装履歴があります。喫水部も一見修理が必要なアテ傷や損傷は無いように見受けられました。

 

 

 

◆マーキュリーのドライブも外観からは特に大きな問題は無いように見受けられました。油圧ホース、油圧シリンダーからのオイル漏れや、ベローズの損傷、キャビテーションプレート、スケグの割れや欠けも見受けられませんでした。アノードも目視できる箇所は良好です。またプロペラも大きな曲がりなどはありません。

 

 

 

◆左右のフラップも外観上、曲がりや損傷は無いように見受けられました。

 

 

 

※ご見学時には各部の動作確認をされる事をお勧め致します。

 


コクピット~アフトデッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

キャビン入口

No.8

No.9

No.10

シート良好

No.11

No.12

シート良好

No.13

シート良好

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

マリンVHF無線機

No.19

No.20

メーター類

No.21

GPS魚探

No.22

No.23

GPS魚探

No.24

ヒューズBOX

No.25

サーチライトコントローラー

No.26

キャプテンシート下

No.27

12V電源

No.28

キャビン入口から上部撮影

No.29

キャビン入口から撮影

No.30

サイドシート

No.31

No.32

サイドシート

No.33

ウオッシャー

No.34

BBQグリル

No.35

アフトデッキ

No.36

BBQグリル

No.37

アフトデッキ

No.38

アフトデッキ

No.39

No.40

メインスイッチ

No.41

アフトデッキ

No.42

メインスイッチ

No.43

トランサムステップ

No.44

No.45

トランサムハッチ

No.46

トランサムハッチ

No.47

ハッチ内陸電他

No.48

トランサムシャワー

◆コクピット廻りもスタイリッシュです。メーター及び機器類全ての動作確認はしておりませんが、オーナー様にエンジンをかけていただいた際には特に不具合等は無いように見受けられましたがご見学時には全ての動作確認をされる事をお勧め致します。

 

 

 

◆コクピットにはHONDEXのGPS魚探、FURUNOのマリンVHF無線機が装備されています。また、サーチライトのコントローラーもここにあります。

 

 

 

◆キャプテンシートの右舷側にはヒューズボックスがあります。また足元には12V電源が取れるシガーソケットも付いています。

 

 

◆キャプテンシートの左にはL字型のサイドシートがあります。またキャプテンシートの後ろには清水の出るデッキシンクがあります。その後ろのブルワークにはBBQコンロも取り付けられますので、デッキではちょっとしたBBQパーティが楽しめそうです。

 

 

 

◆アフトデッキにも数人が座れるシートがあります。キャプテンシート、サイドシート、アフトデッキのシートともに破れなどはありませんでした。

 

 

 

◆アフトデッキ左舷側にはメインスイッチがあります。またアフトデッキ・トランサム側のシートを跳ね上げればエンジンルーム・ハッチが開きます。

 

 

 

◆トランサムの出入り口には清水シャワーも備わっていますので、海で遊んだ後もすぐに身体を流せます。

 

 

 

◆トランサムのハッチを開けるとストレージスペースになっています。またその左舷側に陸電や清水の取り入れ口があります。

 

 

 

◆トランサムステップには格納式ラダーも装備していますので、海上からデッキに上がるのも容易でしょう。

 

 ※写真はリア・オーニングを取り外した状態と取り付けた状態で撮影した物が混在しています。


キャビンスペース

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

キャビン入口から後方撮影

No.2

キャビン入口から後方撮影

No.3

キャビン入口から後方撮影

No.4

キャビン入口から後方撮影

No.5

No.6

ステップにストレージ

No.7

シャワー・トイレ

No.8

ステップにストレージ

No.9

シャワー・トイレ

No.10

No.11

No.12

No.13

ホースが伸びてシャワーに

No.14

個室入口

No.15

No.16

No.17

No.18

キャビンの電装品スイッチ

No.19

No.20

キャビンの電装品スイッチ

No.21

No.22

エアコンコントローラー

No.23

No.24

オーディオ

No.25

右舷側ギャレー

No.26

個室入口

No.27

No.28

No.29

電子レンジ

No.30

No.31

No.32

No.33

No.34

アンプ

No.35

No.36

個室ベッドスペース

No.37

シンク&コンロ

No.38

個室ベッドスペース

No.39

シンク&コンロ

No.40

個室ベッドスペース

No.41

冷蔵庫

No.42

個室ベッドスペース

No.43

冷蔵庫

No.44

左舷側ボックス席

No.45

冷蔵庫

No.46

左舷側ボックス席

No.47

液晶テレビ

No.48

左舷側ボックス席

No.49

No.50

No.51

No.52

No.53

リモコン類

No.54

No.55

No.56

マリンエアコン本体

No.57

入口から前方撮影

No.58

マリンエアコン本体

No.59

入口から前方撮影

No.60

入口から前方撮影

No.61

入口から前方撮影

No.62

天窓カバー

No.63

ベット状態

No.64

天窓

No.65

テーブル設置可

◆キャビンもスタイリッシュな雰囲気です。キャビンはコクピット中央からスライドドアを開けて入れるようになっています。コクピットの床面より階段3段程度下がっています。

 

 

 

◆キャビンに入ると右舷側にシャワー・トイレ室とギャレーがあります。トイレはもちろん電動です。また、トイレの手洗いのホースを上に伸ばすと、ここがシャワールームにもなります。ギャレーには電気式のコンロと電子レンジ、冷蔵庫などが備わっています。また液晶テレビ+DVDプレーヤーも装備されています。

 

 

◆キャビンに入って左舷側にはキャビン内の電気機器類のスイッチやオーディオシステムなどがあり、そこがカーテンで仕切れる個室的な空間になっており、その奥では大人2人で横になれそうなベッドスペースがあります。ここはちょうどコクピットの下に位置します。また、左舷側にはテーブル席もあります。テーブル席ソファーの下にはCruisairのマリンエアコン本体が収まっています。

 

 

 

◆キャビン最奥(船首)Vバースも広いベッドスペースになっています。ここにはテーブルの設置も可能です。また、天窓にはカバーも付いています。スピーカーも装備していますので音楽を聴きながらゆっくり休めます。

 

 

※こちらもご見学時には全ての機器類の動作確認をされる事をお勧め致します。


エンジンルーム

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

右エンジンアワー

No.2

左エンジンアワー

No.3

No.4

No.5

ハッチ良好

No.6

ハッチ良好

No.7

右エンジン

No.8

左エンジン

No.9

右エンジン

No.10

左エンジン

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

発電機

No.19

自動消火器

No.20

No.21

No.22

◆アフトデッキ下にはマーキュリーMCM4.3Lガソリンエンジン(4サイクル自然吸気V型8気筒、検査手帳の連続最大出力130PS/4,000rpm)が2基搭載されています。取材時のエンジンアワーは右が約494時間、左が約499時間でした。エンジンルームのフードは大きく開くので、体ごとエンジンルームに入る事ができます。

 

 

 

◆右エンジンは最近、「IACバルブ」や「アノードキット」の交換をされたとの事です。

 

 

 

◆取材時は天候が悪く試乗はできませんでしたが、陸上でエンジンをかけていただいて動画に収めています。是非ご覧ください。なお、エンジンは左右共に始動性も良く、メカノイズも静かでした。

 

 

 

◆エンジンの前方にはKOHLERの5KW発電機(ガソリンエンジン仕様で取材時のエンジンアワーは約312時間でした。)やマリンインバーター/チャージャー、給水システムなどが据わっています。

 

※こちらもご見学時には動作確認をされる事をお勧め致します。


付属品等

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

法定備品

No.2

法定備品

No.3

シーアンカー

No.4

陸電ケーブル

◆この艇に必要な法定備品はほぼ完備していますが、ライフジャケットが2着不足しているかもしれません。

ライジャケ10着、救命浮環、信号紅炎、黒球×2、レーダー反射板、消火器が載っている事は確認致しました。

 

 

 

◆シーアンカー、陸電ケーブルも付いています。


JCI検査証書・検査手帳

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

◆この艇は「日本小型船舶検査機構(JCI)」の登録船です。なお次回は中間検査で平成31年11月7日まで有効期間はございます。また、船舶検査手帳には船体型式が「315DA」と記載されていますが船体には「280DA」と刻印されている船種です。

 

 

 

◆この艇の正確な情報をお伝えする為に船舶検査証書と検査手帳を個人情報を伏せた状態で掲載しています。なお、現在「限定沿海25海里」を取得しています。参考までに現在合法的に航行できる海域を写真No,4に掲載致しました。

 

 

 

※艇の所有権変更や航行区域、船籍港、船名などの変更に伴う費用は原則的に買主様のご負担となります。なお、当方ではご希望の都道府県市町村を母港にされた場合に選択可能な航行区域や「沿岸5海里」の取得、「臨時航行」に関する手続きなどのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。


取材状況・現船見学やご購入後の手続き等につきまして

◆この艇は徳島県内に陸上保管されています。艇は私、平田が2017年10月上旬に現地で取材していますので、ご見学をご希望の方は、まずは一度お電話で艇の詳細をお問い合わせいただいてからご見学の日程をご検討いただければ幸いです。

 

 

 

 ◆「とりあえず船はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせをよくいただくのですが、船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にのみお伝えしています。なにとぞご了承下さいませ。

 

 

 

◆ご見学、試乗も可能です。試乗をご希望される場合はオーナー様のご都合を聞き合わせて日時をセッティングさせていただきます。なお、ご試乗の際は上下架代5,400円(税込)を申し受けます。なにとぞご了承下さいませ。

 

 

 

◆是非一度よく現船をご覧になられて、外観的に気に入られてご納得されましたら各部の動作確認をしていただき、ご試乗をされる事をお勧め致します。

 

 

 

◆陸送や回航につきましてもお見積もり可能ですので、必要でございましたらお申し付け下さい。

 

 

 

◆晴れてご成約となりましたら、売買契約書は当方で作製させていただきまして、売主様、買主様ともにご署名とご捺印をお願いしています。

 

 

では、皆様からのお問い合わせをお待ちしています!

 

 

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。



この船のyoutube動画:


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:高知県を中心に四国の全県を崎須賀(愛媛県)と担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。