閉じる

ヤマハ UF33Ⅱ(FW4-A)

プレジャーボート福岡県

管理番号:福岡県-005309 販売価格: 売却済(SOLD)

値下げ420→380万円(H29.12.26)ドライブからシャフト船に改造艇~

装備

法定装備

GPS魚探

レーダー

2ステーション

デッキライト

トランサムステップ

電動式アンカーウィンチ

デッキウォッシュ

マリントイレ(電動式)

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
10.98m 2.59m 0.64m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
11m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • シャフト船が欲しい
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 古くても綺麗で清潔な船を求めている
  • メンテナンスが充実されたボートがいい

基本情報

進水年月 1993年06月
年式 1993年
定員 12人
サイズ 33ft
トン数 3.2t未満
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2020年12月11日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ボルボペンタ
エンジン型式 KAMD42P
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 186馬力 / 3600rpm(回転数)
最大馬力 230馬力
掲載時の使用時間 約1277時間
推進機種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約22ノット
最高速度(参考) 約27ノット

広告


今回ご紹介するUF33はもともとはドライブ艇でしたが、シャフト船に改造された艇です。

さあこれから楽しむぞ!という時に体調を崩され、泣く泣く手放すこととなりました。。。。。

試乗もさせていただきました。快調バリバリですよ~

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

平成5年(1993年)6月に進水されていますので、船齢は24年程が経ちますが、海ではなく河川係留の期間がながかったため、年式の割には状態はいい方だと思います。

 

 

 

 

ガンネルにはキズや凹みや曲がりなどもありますが、剥がれている個所はありません。

 

 

 

 

ハル表面は磨けば艶は甦ると思います。

 

ステッカーの剥がれがあります。

 

 

 

 

船底には軽微な欠けやキズはところどころにありますが、割れや凹みはありません。

 

 

 

 

シャフトに改造されていますので、トランサムも一部改造されて、きれいに塗装がされています。

 

 

 

 

スイムラダーもガッチリしています。

 

 

 

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

デッキ表面は年式の割には綺麗な状態だと思います。

 

 

 

 

通常使用時に発生したキズやスレなどがありますが、ひどいものはありません。

 

 

 

 

ノンスリップの目時減りも少なく、ブワブワした感じもありません。

 

 

 

 

バウレールもがっちりしています。

 

 

 

 

アンカーウィンチは作動いたします。

 

 

 

サイドデッキも年式の割にきれいです。

 

 

 

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

ブリッジ周りも年式の割にきれいな方です。

 

 

 

 

天井にはレーダーアーチがセットされています。

 

 

保管場所の河川に橋が架かっているため、レーダーアーチをスライドすれば倒れるようになっています。

 

 

 

 

マスト灯、両色灯、旋回灯も点灯します。

 

 

 

 

 

青いアクセントラインが劣化していますので、シールを張り替えられると見違えるかと思います。

 

 

 

 

サイドデッキ、ポケットは綺麗です。

 

 

 

デッキライトは点灯いたします。

 

 

 

 

外部操舵、前進後進リモコンがセットされています。

 

 

 

コックピット/キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

    交換されたメーター

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

    以前のアワーメーター

キャビンの天井や壁、床は年式の割に綺麗な方です。

 

 

 

スカイライトハッチは問題なく開閉できます。

 

 

 

両サイドのスライド窓の開閉はスムーズでした。

 

 

 

正面の窓の視界も良いです。
 
ワイパーも作動します。ウォッシャーも出ます。
 
 
 
 

コックピットのハンドルや電子リモコンには不具合ありません。

 

ホーンも鳴りました。

 

 

 

 

フルノのレーダーは作動します。

 

 

FUSOのGPS魚探は北九州仕様です。

 

 

 

 

メーター類は動作確認しました。
 
 
タコメーターが回転不良だったため、930時間で新しく交換されたそうです。
 
 
 
写真NO23は以前のタコメーターです。電気をつなげればデジタル表示がされるそうですがかなり薄く見づらいそうです
 
 
 
新しいアワーメーターは、取材時は347時間を指していました。
 
 
合計すると1277時間ですので、かなり使用時間が少ないエンジンです。

 

 

 

 

ドライバーシート、ゲストシート綺麗です。

 

 

 

バウバース/個室トイレ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

個室トイレは清潔にされています。

 

 

トイレドアの開閉は問題なくきっちり締ります。

 

 

トイレ換気ファンも回ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バウバースの壁や天井年式の割にきれいです。

 

気になる生活臭もありません。

 

 

 

スカイライトハッチからの雨漏りはなさそうです。

 

 

 

 

クッションはやや色褪せ感もありますが、表面の破れはありません。

 

 

 

法定備品も揃っています。

 

 

 

 

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

    前が狭くなった

  • No.4

  • No.5

    後ろが広くなった

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

アフトデッキもオーナーがいつもきれいにされています。

 

 

 

表面は、通常使用時に発生した軽微なキズやスレなどがありますが、ひどいものはありません。

 

 

 

表面がブワブワした感じもありません。

 

 

 

デッキウォッシュは普通に使用できます。

 

ビルジポンプも作動します。

 

 

 

 

シャフト船に変更されていますので、エンジンスペースを確保するために、もともとあった生け簀を潰して、ハッチはそのまま後ろにもってきています。

 

 

 

また、エンジンハッチを前方へ移動した事で、キャビンドアに近づきました。

 

キャビンへのアクセスが少々し辛くなっていますが、その分後ろスペースが広くなって釣りがしやすくなったそうです。

 

 

 

シャフト船への改造は、腕利きの鉄工所さんでされていますので、FRPはしっかり補強もされ、さすがはきれいな仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

エンジンはボルボKAMD42P(最大230馬力)が搭載されています。

 

良くメンテナンスされています。

 

 

以前はヤマハのSX420エンジンだったそうですが、現在のエンジンに乗せ換えられました。

 

 

前にも話したように、アワーメーターは1277時間しか経っていないエンジンです。

 

 

外観は年式の割に綺麗なほうだと思います。

 

 

 

最近のメンテナンスは、(現在のアワーメーターで200時間の時に)

 

 

純正ダイナモ Assy交換

ミキシングエルボー ヤンマー製新品交換

セルモーター 分解オーバーホール

スーパーチャージャー 分解組立 手動動作に変更

ターボ Assy交換

サキュレーションポンプ Assy交換(ミズノマリンさんにて)

エアクリーナー交換

メーンベルト テンションプーリー交換

スーパーチャージャー用テンションプーリー 改造品に交換(予備パーツあり)

 

 

 

プロペラは修正されています。

430×650420×620)

 

 

小型船舶の検査時430×650)には最大で3400回転の27.2ノットが出たそうですが、3400回転までしか上がらなかったため、エンジンに負担がかかるといけないので、プロペラをイーグル工業さんで420×620に修正してもらって、現在は3700回転まで軽く回るようになったそうです。

 

 

そのかわり少しスピードが落ちたそうですが、それでも先日の試乗時には5人乗って25.5ノットが出ました。

 

 

 

シャフト径は40mmです。

 

 

 

ターボもよく効きます。

動画をご覧ください。

 

その他資料

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

オーナーは几帳面な方ですので、メンテナンス記録を残されています。

 

プロペラ修正の記録、後ろデッキの図面もあります。

取材状況

取材時はエンジン始動確認及び試乗を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、ご納得の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご試乗の場合は準備の都合上、前もってお知らせください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。