閉じる

ヤマハ F.A.S.T 26 (F-26-A-EX-O/B)

プレジャーボート高知県

管理番号:高知県-005241 販売価格: 売却済(SOLD)

200馬力船外機と自動操舵で目指すポイントへ!レーダーとソナーも装備。

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

FUSO FEG-881

GPS魚探

LOWRANCE HDS7

レーダー

LOWRANCE

オートパイロット

marol AP-100

舵リモコン

微速装置(トローリング)

電子スロットル

ツーバッテリーシステム

2ステーション

スパンカー

イケス

デッキウォッシュ

ロッドホルダー

マリントイレ(電動式)

ヒーター

KODEN ソナーESR-SS1BB

オートスパンカー540AS

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
7.52m 2.41m 1.2m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
8.4m 2.4m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 装備の充実したFASTを探している!
  • エンジンアワーの少ない船外機艇がいい!
  • 陸上保管艇がいい!

基本情報

進水年月 2008年10月
年式 2008年
定員 8人
サイズ 26ft
トン数 2.6t
形状 プレジャーボート
航行区域 限定沿海
限定沿海+沿岸5海里
次回船検 中間検査
(2018年01月22日)
船底塗装歴 なし
保管状態 陸上
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 スズキ
エンジン型式 DF200 (20002F)
燃料種類 4ストロークガソリン
搭載数 1基
検査手帳馬力 200馬力 / 5500rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約120時間
推進機種類 船外機
V型6気筒
最高速度(参考) 約38ノット

広告


◆この艇のオーナー様は昨今乗られる機会がめっきり減られたので、この度出品をご依頼いただけました。

 

 

 

◆平成20年進水の艇です。新艇時から陸上で保管をされており船底塗装歴はありません。使用頻度も少なく、船体は全体的にコンディション良好です。ガンネル廻り、デッキも特に大きな問題は無いように見受けられました。

 

 

 

◆オーナー様は太平洋沖でエビングなどの流し釣りを主にされる為にこの艇を仕上げられたそうで、オートパイロット、2ステーション+リモコン、レーダー、GPS魚探、ソナー、スパンカー、オートスパンカーなどが艤装されています。

 

 

 

◆電動マリントイレも装備していますので女性にもお勧めです。また、デッキウォッシュの装備も釣行時やレジャーユースにも便利でしょう。

 

 

 

◆船外機はスズキ製4サイクルV型6気筒の DF200(連続最大出力200PS/5,500rpm)を搭載しています。また、取材時のエンジンアワーは約120時間でした。これはあまり大きく増えることは無いと思われます。なお、オーナー様によりますと最高速度は約38~39ノットとの事でした。

 

 

 

◆船外機仕様のFASTをお探しの方、コンディションの良い船速の出る船外機艇をお探しの方には一見の価値があるのではないでしょうか。

 

 

 

◎記事は客観的に書く事を心掛けています。また、写真は一眼レフで撮影し、暗くて見えにくいような写真ができるだけ無いように、一枚一枚明るさをチェックして掲載していますが、見えにくい箇所や写っていない箇所などがございましたらお気軽に当方までお電話でお問い合わせ下さい!

船体外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

    ヤマハ・スパンカー

  • No.32

  • No.33

  • No.34

    KODENソナー

  • No.35

    KODENソナー

  • No.36

    KODENソナー

  • No.37

    LOWRANCE振動子

◆陸上保管で船齢も若く、また使用頻度も少ないということもあり、船体、船底も綺麗です。特に問題は無いように見受けられました。ガンネル廻りも大きな傷など無く良好です。

 

 

 

◆トランサムにはKODEN製のソナーが装備されています。取材時に動作確認はしていませんが、ソナー本体、ブラケット共に外見上は問題無いように見受けられました。またLOWRANCE魚探の振動子もトランサムに付いています。

 

 

 

◆同じくトランサムに付いているスパンカーもテント生地は広げて確認していませんが、フレーム等はしっかりしており問題無いように見受けられました。

コクピット・キャビン廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

    サンルーフ

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

    ソナーユニット

  • No.8

    電子リモコン

  • No.9

    ソナーリモコン

  • No.10

    メーターパネル

  • No.11

    LOWRANCEのGPS魚探

  • No.12

    FUSOのGPS魚探

  • No.13

    オートパイロット・コントローラー

  • No.14

    コンパス

  • No.15

    ソナーのモニター

  • No.16

    モニターリモコン

  • No.17

    シート良好

  • No.18

    シート良好

  • No.19

    足元ヒーター

  • No.20

    足元ヒーター

  • No.21

  • No.22

    遠隔リモコン

  • No.23

    バースカバー

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

    電動マリントイレ

  • No.32

    電動マリントイレ

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

◆「EX」ですので、コクピットはリアドア付きです。足元にヒーターも付いていますので、冬季にも快適に釣りに行けそうです。また、サンルーフもつけられていますので夏季も風通しは良さそうです。

 

 

 

◆ヘルムハンドルも軽く良好です。なお、この艇は2ステーション+ワイヤードの遠隔リモコンが装備されていますので、コクピット、アフトデッキ+リモコンのコードが届く範囲で操船が可能です。

 

 

 

◆オートパイロットはマロール製AP-100です。ヘルムハンドル右上に取り付けてあるFUSOのGPS魚探から出力して自動航行ができるようになっています。(FUSOのGPS魚探には振動子は繋がっていないそうです。)

 

 

 

◆魚探としてはLOWRANCE HDS7が機能しています。なお、このHDS7でレーダーの画面も見られるそうです。GPSアンテナはルーフ上後方に付いています。

 

 

 

◆ソナーユニットは左側(写真No,23)に付いています。ソナーの画像はバース入口上のモニターに映し出されるようになっています。

 

 

 

◆バース・スペースは大人が2人が横になれるスペースがあります。こちらもコンディションは良好です。写真No,30のようにボードの下に電動マリントイレがあります。

 

 

 

◆これらの艤装は取材時に動作確認をしていませんが、問題なく動作するとの事です。なお、ご見学時には動作確認していただけます。

デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

    ロッドホルダー

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

    レドームアンテナ

  • No.10

    GPSアンテナ

  • No.11

    オートスパンカー

  • No.12

    オートスパンカー

  • No.13

  • No.14

    オートスパンカー

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

    レーダーアーチ良好

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

    アフトステーション

  • No.33

  • No.34

    イケス

  • No.35

  • No.36

    イケス

  • No.37

    ソナー

  • No.38

  • No.39

    スパンカーブラケット良好

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

    右舷にバッテリー1個

  • No.46

    左舷にバッテリー2個

  • No.47

  • No.48

  • No.49

    デッキウオッシュ

  • No.50

  • No.51

  • No.52

◆デッキも大きな傷やゲルコートの剥げ、ノンスリップの摩耗なども無く問題無いように見受けられました。バウレールもしっかりしています。

 

 

 

◆バウにはオートスパンカーがついています。こちらは唯一、調子が悪いとの事でした。

 

 

 

◆レーダーアーチ、スパンカーブラケットなどもしっかりしています。

 

 

◆この艇はアフトデッキにイケスとデッキウォッシュが付いています。

 

 

◆前出のようにこの艇はアフトステーション付きです。アフトステーションでは「スローモード」が使えます。

 

 

 

◆燃料タンクは船外機前のハッチを開けると現れます。両側のストレージにはバッテリーが入っています。(左舷に2個、右舷に1個)

 

 

 

◆No,4、No,24、No,50の樹脂製ロッドホルダーは経年劣化が見られました。

船外機

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

    エンジンアワー

  • No.2

    船外機銘板

  • No.3

  • No.4

    遠隔リモコン

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

    油圧シリンダー良好

  • No.16

    油圧シリンダー良好

  • No.17

  • No.18

  • No.19

    キャビテーションプレート良好

  • No.20

    キャビテーションプレート良好

  • No.21

    油圧操舵部良好

  • No.22

    プロペラ良好

◆船外機はヤマハの150馬力が載っていたと思われますが、現在はスズキ製4サイクルV型6気筒の DF200(連続最大出力200PS/5,500rpm)に換装されています。なお、もともと電子スロットル仕様なのでスズキの船外機に換装されても機能的には踏襲されているそうです。

 

 

◆アフトステーションではスローモード(微速)での操船も可能です。また、写真No,4の遠隔リモコンでコードの届く範囲内での操船も可能です。

 

 

 

 

◆取材時のエンジンアワーは約120時間でした。これはあまり大きく増えることは無いと思われます。なお、オーナー様によりますと最高速度は約38~39ノットとの事でした。

 

 

 

◆キャビテーションプレートに割れや欠けなどもありません。また、ステンレス製のプロペラも曲がりなど無く良好です。

 

 

 

◆油圧操舵シリンダーや油圧チルトシリンダーのシールからのオイル漏れなどもありませんでした。

 

 

 

◆取材時には動作確認はしていませんが、特に問題も無く調子は良いとの事です。

 

 

 

◆メンテナンスは地元の業者さんで実施されてきたとの事です。お近くの方が購入された際は引き続きご紹介も可能です。

 

JCI検査証書・検査手帳及び船体銘板+付属品

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

◆この艇は「日本小型船舶検査機構(JCI)」の登録船です。なお平成30年1月22日まで検査の有効期間はございます。

 

 

 

◆この艇の正確な情報をお伝えする為に船舶検査証書と検査手帳を個人情報を伏せた状態で掲載しています。船体やエンジンの型式、定員、用途、登録上の船体寸法、航行区域、航行上の条件、進水年月日、検査の状況などをご確認下さい。

 

 

 

◆この艇は限定沿海25海里及び沿岸5海里を取得されています。参考までにNo,4に現在航行可能な航行区域図を掲載致しました。なお、この区域外でも陸から5海里以内でしたら航行可能です。

 

 

 

◆船体銘板も掲載していますので、モデル名などもご確認下さい。

 

 

 

※艇の所有権変更や航行区域、船籍港、船名などの変更に伴う費用は原則的に買主様のご負担となります。なお、当方ではご希望の都道府県市町村を母港にされた場合に選択可能な航行区域や「臨時航行」に関する手続きなどのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

取材状況・現船見学やご購入後の手続き等につきまして

◆この艇は高知県内に陸上保管されています。艇は私、平田が2017年9月上旬に現地で取材していますので、ご見学をご希望の方は、まずは一度お電話で艇の詳細をお問い合わせいただいてからご見学の日程をご検討いただければ幸いです。

 

 

 

 ◆「とりあえず船はどこにあるのかだけ教えて」というお問い合わせをよく頂くのですが、船の保管場所は購入意志の強い方で、現地に見学に来ていただける方にのみお伝えしています。なにとぞご了承下さいませ。

 

 

 

◆ご見学、試乗も可能です。試乗をご希望される場合はご希望日を2~3日お伝えいただければオーナー様とのご都合と併せて調整させていただきます。なお、ご試乗の際は上下架代5,000円(税込)を申し受けます。なにとぞご了承下さいませ。

 

 

 

◆引き続き現在保管中のマリーナさんに陸上保管していただくことも可能です。ご相談ください。

 

 

 

◆是非一度よく現船をご覧になられて、外観的に気に入られてご納得されましたら各部の動作確認をしていただき、ご試乗をされる事をお勧め致します。

 

 

 

◆陸送や回航につきましてもお見積もり可能ですので、必要でございましたらお申し付け下さい。

 

 

 

◆晴れてご成約となりましたら、売買契約書は当方で作製させていただきまして、売主様、買主様ともにご署名とご捺印をお願いしています。

 

 

では、皆様からのお問い合わせをお待ちしています!

 

 

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国&岡山&鳥取エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:岡山&鳥取エリア、四国の全県を担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。