閉じる

村川造船所 48ft

漁船タイプ・漁船・業務船長崎県

管理番号:長崎県-005037 販売価格: 商談中(Sales Pending)

装備

法定装備

コンパス

魚探

レーダー

オートパイロット

3連リモコン

微速装置(トローリング)

無線機

ツーバッテリーシステム

2ステーション

サーチライト

デッキライト

スパンカー

オーニング

イケス

氷間

ロッドホルダー

集魚灯

マリントイレ(電動式)

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.6m 2.77m 0.92m

サイズ(実測値)

実長 実幅
14m 2.94m

  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 古くても綺麗で清潔な船を求めている
  • 古くてもエンジンがしっかりしていればいい
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1987年09月
年式 1987年
定員 12人
サイズ 48ft
トン数 4.9t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海,漁船
次回船検 本検査,漁船
(2019年10月24日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ヤンマー
エンジン型式 6CA-GT
燃料種類 重油
搭載数 1基
検査手帳馬力 330馬力 / 2600rpm(回転数)
最大馬力 400馬力
推進機種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約18ノット
最高速度(参考) 約26ノット
燃料タンク容量 800リットル
発電機

メーカー名:不明

ワット数:15kw

広告


漁船・遊漁船 すぐ始められます!

価格も装備もおススメの一艇です!!!

外観 / ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

この艇は、1987年9月に新造・進水されておりますので船齢は30年が経ちます。

エンジンは、2002年(平成14年)7月18日に現在のヤンマー 6CA-GT(400馬力)に乗せ換えられました。

個人的には新しいほうではないかなと思います。

 

2オーナー艇で、現オーナーが平成27年2月頃購入なされ、かなり手をかけられております。

 

    ~レストア内容~

 

内装工事/壁・天井張り替え
 カーテン取り付け

 

トイレ造設(使用回数…数回)

 

メタハラ放電球/LED取り付け

 

ローリング止め(船底取り付け)

 

ソナー取り付け(17インチ)
 KODEN KDS6000BB
 平成28年末月

 定価…¥1.944.000-
 取り付け工事費別途

 

魚探取り換え
 KODEN SVS-1410(10.4インチ)
 平成28年末月

 定価…¥321.840
 船底取り付け工事別途

 

GPS魚探取り換え
 FURUNO GP3500F
 (売却時、取り外します)

 

スパンカー

 大きいものに取り換え

 

    ~その他装備~

 

KODENレーダー

 

オートパイロット(マロール)

 

三連リモコン

 

漁業用無線 1W

 

油圧

 

発電機 15Kw

 

微速装置(トローリング)

 


メタハラ放電球/LED/水中灯

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

メタハラ放電球3Kw

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

LED

No.8

サーチライト

No.9

No.10

No.11

LED

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

メタハラ放電球 安定器

No.18

No.19

No.20

白熱水中灯5Kw

集魚灯は、現オーナー様が釣り好きの為に取り付けられたそうです。

 

メタハラ放電球は、3Kwが2灯取り付けられており、ハロゲン球は3Kwが1灯取り付けられております。

LEDは12灯取り付けられております。

とても明るいです。

 

水中灯は白熱水中灯5Kwのものがついており、ケーブルは30mほどあります。ハロゲン球灯と切り替え式にしているそうです。


フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

油圧きてます

No.10

No.11

No.12

氷間

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

5Kw水中灯 電気取口

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

No.28

デッキは、キズ・スレ・色褪せ等ありますが、ブワブワ感はなくとても硬い状態です。これは、ベニヤ板(木材)を使用していない為だと、この艇を造られた村川造船所の方がおっしゃっていました。

 

サブタもとても硬く作っておられ、サイズもピッタリに作られている為、開閉時も少し固く感じられます。

 

物入れは大容量かつ数も多くあり、漁船ならではだと思いました。イケスも広いです。

また、氷間も広く溶けた水はビルジポンプで吸い上げる仕組みになっております。

 

油圧も船首まできているので、網巻きローラーやアンカーリールの取り付けにいかがでしょうか。


アフトデッキ/オーニング/スパンカー

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

アフトデッキもフロントデッキ同様、キズ・スレ・色褪せ等ありますが、ブワブワ感などはなくとても硬い状態です。

 

物入れは4ヶ所、イケスは中央に1ヶ所あります。

 

オーニングは、広くで丈夫なものが取り付けられております。

 

スパンカーは効きが良い様に大型のものに改良しました。(平成29年)


コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

2ステーション

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

KODEN KDS-6000BB 17イ

No.13

KODEN CVS-1404

No.14

KODEN レーダー

No.15

No.16

No.17

三連リモコン

No.18

No.19

オートパイロット マロール

No.20

No.21

No.22

微速装置 トローリング

No.23

電クラ・ウインチ電源

No.24

No.25

No.26

No.27

No.25のマットをはいだ時トイレ入口

コックピットは、内装を張り替えられておりますのでとてもキレイで清潔感がありました。

 

航海計器類はスペースに入らないほど充実していますが、全ての画面が見やすい様に配置されていました。

GPSは売却時取り外されるとのことです。


トイレ室

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

トイレ 流す電源

No.8

No.9

メタハラ放電球 安定器

No.10

No.11

トイレ室はとても広く、物入れとしても十分使えるスペースがありました。

清潔感もとてもありました。

 

現在、メタハラ放電球の安定器が2つ取り付けられております。


キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

ソナー 基盤

No.9

No.10

No.11

No.12

漁業用無線 1w

No.13

エンジン  メインスイッチ

No.14

電気関係 メインスイッチ

No.15

No.16

キャビンの内装・天井張り替えをし、カーテンも取り付けてあります。

とてもキレイで清潔感がありました。

 

大人2人がゆっくり寝れそうなスペースがありました。


エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

発電機 15Kw

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

No.28

No.29

No.30

No.31

海水 漉し機

No.32

燃料第一漉し機

エンジンは2002年(平成14年)7月18日に現在のヤンマー 6CA-GT400馬力に乗せ換えられております。

個人的にはまだ新しい方だと思います。外見もキレイでした。

 

1オーナー様はメンテナンスはヤンマー業者に頼んでおられ、メンテナンス履歴が残っておりました。約12年使用されておられました。軽油使用が多かったそうです。

そして現オーナー様は、重油を使用されており、年に100時間程度の使用をされております。毎年2月にオイル・エレメント等のメンテナンスをされておられるそうです。

 

取材時アワーメータは12468時間でした。

現オーナー様の使用頻度ではオイルの減りはないとのことです。

最高速度は購入後、26ノットでたそうです。

最近はあまり回転数をあげていないとのことでした。

燃量は800ℓと聞いております。


取材状況

取材時には試運転等の確認を行っておりません。

ご見学の際には全ての項目をご確認の上ご購入をお決めいただきますようにお願い致します。



ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

長崎・佐賀エリア 担当中島 達明(なかしま)

担当コメント:長崎県を中心に佐賀エリアを野口と一緒に担当致します。

090-4343-8459 FAX 095-845-1224
nakashima@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。