閉じる

ヤマハ カスタム47

漁船タイプ・漁船・業務船熊本県

管理番号:熊本県-004387 販売価格: 450 万円

オーバーホールしたばかりです

更新

装備

法定装備

コンパス

GPS

FURUNO GP3000

魚探

KODEN

レーダー

KODEN

オートパイロット

マロールCB18

舵リモコン

サーチライト

デッキライト

オーニング

電動式アンカーウィンチ

ハードトップオーニング

イケス

デッキウォッシュ

マリントイレ(電動式)

ギャレー

ビーコンレシーバー

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.98m 3.02m

サイズ(実測値)

実長 実幅
14.85m 3.15m

  • オーバーホールされたエンジンが安心だ
  • 交通船として使いたい
  • クルージングもしたいし釣りもしたい!
  • 男のムフフな隠れ家が欲しい!

基本情報

定員 14人
サイズ 47ft
トン数 5t未満
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
清水タンク容量 200リットル
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 ボルボペンタ
エンジン型式 TAMD74P-5
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 410馬力 / 2520rpm(回転数)
最大馬力 450馬力
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約18ノット
最高速度(参考) 約22ノット
燃料タンク容量 800リットル

広告


H28年に10月にフルオーバーホールをされましたので安心して乗れる船です。

交通船やレジャー船としていかがでしょうか。

外観

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

揺れ防止チョッパー

No.18

横揺れ防止チョッパー

もともとこの船は、海底の調査船として、または教習船として活躍していた船だったそうです。

 

 

後ろのデッキを延長されたそうで、全長は14.85m、横幅は3.15mあります。

 

 

 

 

船齢はずいぶん経ちますので、全体的に使用感があり、傷み箇所も発生しています。

 

 

しかしながら、すぐに手を入れないといけない個所はなく、現在も問題なく使用されています。

 

 

 

 

また、この船の特徴はブリッジです。

実はヤマハPC26というボートのブリッジを乗せて、カスタムされたボートです。

 

 

 

ブリッジ周りには、色褪せや変色や細かいスレなども点在していますが、酷いものはありません。

 

汚れに関しては磨けば綺麗になると思います。

 

 

 

白灯、両色灯類は問題なく点灯いたします。

 

 

 

ハルには通常保管時に発生した紫外線による色褪せや変色、スレキズがあります。汚れに関しては磨けば綺麗になると思います。

 

 

 

 

ガンネルには劣化も発生しつつありますが、大きな割れ剥がれ等はなく、通常の使用時にできた凹みやスレ程度のレベルですので、まだ十分このままでも使用できそうです。

 

 

 

 

船底は通常使用時に付いたスレや軽微なキズ程度で、ひどいキズや割れ等はないとのことです。

 

 

横揺れ防ぐチョッパーが両サイドについています。

 

 

事故歴もないとの事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーニングのステンレスフレームは、グラつくことなくしっかりと固定されています。

 

テントはありません。

 

 


フライブリッジ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

ウィンドシールドは割れもなく透明感もあります。

 

 

ハンドル、前進後進リモコンは普通に使用できるとのことです。

 

 

メーターは割れが発生しています。作動確認はできていませんので、ご見学時にはご確認ください。


フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

デッキ表面は通常の使用で発生した小さな欠けやキズ、塗装の剥がれ等は点在していますが、ブアブアするようなところはなく、しっかりしています。

 

 

 

アンカーローラーは2個あります。

 

問題なく作動します。

 

 

 

がっちりしたパルピットが設置されています。

 

 

 


アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

アフトデッキにも、通常の使用で発生した小さな欠けやキズは点在していますが、デッキ表面のブア付きはなくしっかりしています。

 

 

 

後ろを長くカスタムされています。

どこから長くしているか、わからない程うまく仕上がっています。

 

 

 

生簀は問題なく使用できます。

ストレージは大容量です。

 

 

 

 

舵シリンダーも普通に使用できます。


エンジン

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

エンジンルームへはキャビンドアの後ろのハッチからアクセスします。

 

 

 

エンジンはボルボTAMD74EDCが搭載されています。

 

取材前のH28年10月に200万円ほどかけてオーバーホールがされています。

 

ピストン

ライナー

リング

メタル

アフタークーラー

燃料ノズル

ターボのオーバーホール

 

ヘッド周りなど、フルオーバーホールが完了したばかりだそうです。

 

 

 

調子はすごくいいとのことです。

 

 

 

ただ、排気ハウジングを交換していないので、ターボは発進時に黒煙が出るそうです。

 

回転を上げれば出ないのですが、気になるようでしたら排気ハウジングの交換をお勧めいたしますとのことです。

 

 

メンテナンスは、ご希望でしたら腕利きのエンジニアをご紹介します。

 

 

 

 

燃料タンクは800L位はいるそうです。

 

 

 

バッテリーも交換して間もないので、しばらくは問題ないとのことです。

 

 

 

 


キャビン/コックピット

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

今は使用していません

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

キャビンはヤマハPC26のキャビンをカスタムされています。

 

 

 

壁や窓周りなどにはシミが発生しています。

使用感はありますが、現在も普通に使用しています。

 

 

 

左舷側には5人掛けのL字型シートが設置されています。

 

 

 

ハンドル、前進後進レバーも普通に作動します。

 

 

レーダー、GPS(西九州版)、魚探は古いものですが、普通に作動します。

 

 

マロールのオートパイロットも普通に作動します。

 

 

メーター類はご見学時に作動確認してください。

 

 

 

 

今は使用していませんが、昔、海底を調査していた時のペンプロッターがそのまま積んであります。

 

 

 

 


サロン/個室トイレ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

サロンはうまくレイアウトされた、くつろげる空間です。

 

 

 

8人掛けのシートが設置されています。

表面のファブリックにはシミや汚れが一部に発生しています。

 

 

天井はきれいです。

 

 

 

 

ギャレー、コンロがセットされています。

 

 

個室トイレも普通に使用できます。

 


その他/取材状況

取材時はエンジン始動確認を行いましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作も確認いたしましたが、実際にご見学者様にて全てをご確認ください。

ご試乗の場合は準備の都合上前もってお知らせください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。



ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:昨年度の売却実績110艇!敏速に対応します。

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。