閉じる

東海ボート  56ft 遊漁船 (8.5t)

漁船タイプ・漁船・業務船新潟県

管理番号:新潟県-004327 販売価格: 550 万円

エンジン載せ替え後163時間使用  値下げしました(680万円⇒550万円)

装備

法定装備

コンパス

GPS

JRC NWU-800,JLR-6000

魚探

JRC JFV-2500

レーダー

JRC JMA-2254

オートパイロット

SAURA 3000AT

舵リモコン

微速装置(トローリング)

無線機

JRC JSD-280A,HM-4S

ツーバッテリーシステム

2ステーション

サーチライト

1灯

デッキライト

2灯

スパンカー

電動式アンカーウィンチ

イケス

デッキウォッシュ

電動リール電源

16個

アウトリガー

集魚灯

ソケット9個,2kw20灯(新品)

マリントイレ(電動式)

ステレオ

カセットデッキ

アンカー

アンカーロープ

ソナー(FURUNO CH-24)

自動方向探知機

方向計

パトライト(1灯)

水中灯(2kw4灯)

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
12.58m 3.64m 1.3m

サイズ(実測値)

実長 実幅
16.95m 3.8m

  • クルージングよりもやっぱり釣りが趣味だね
  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • 古くてもエンジンがしっかりしていればいい
  • 装備が充実している船がいい
  • トイレは絶対必要なんです

基本情報

進水年月 1978年03月
年式 1978年
定員 12人
サイズ 56ft
トン数 8.5t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2020年06月29日)
漁船 2022/02/17
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 イスズ
エンジン型式 UM6RB1TCG
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 520馬力 / 2050rpm(回転数)
最大馬力 630馬力
掲載時の使用時間 約163時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
燃料タンク容量 2000リットル
発電機

メーカー名:大洋電機

ワット数:30kw

広告


こちらの船は、前オーナー様が東海ボートに昭和53年にカスタムオーダーされた遊漁船(56ft 8.5t)です。

現オーナー様は前オーナー様から相続されておりますが、乗っておらず実質ワンオーナー艇で、以前は漁船登録されておりましたが、相続に伴い現在はJCI登録(プレジャーボート)がしてあります。

前オーナー様の注文により頑丈かつ波きりの良い船型に作られており、船幅が広く安定感が見られ、特にサイドデッキが広いので、釣りがし易く、又、客室も広い空間を取った造りで、遊漁船としては使い勝手が良い船となっております。

前オーナー様時の平成11年にエンジンをイスズ製630馬力に載せ替えております。

乗せ替え後、前オーナー様の本業が忙しくなったため使用することがありませんでしたが、メカニックが定期的(月1回)エンジンを掛け調子を保持しております。

平成22年に上架して、船体、船底の塗装をはじめ、エンジンの消耗品などの交換を含む整備一式、又、バッテリー交換、電装品、計器類等の点検整備をして、再度使用する予定でしたが、整備後、前オーナー様は体調を崩され、その後お亡くなりになり、現オーナー様が相続され現在に至っております。

エンジンは、平成11年の載せ替え後163時間で、現在まで月一回の調子保持のための稼働時間です。

なお、エンジン載せ替え前の使用時間は不明です。

船体は古いですが確りとした造りの船で、エンジン使用時間が少ないので、まだまだ十分使用できる船であります。

 

平成27年3月に漁船登録し、JCI登録は小型兼用船に変更しました。

外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

船体状態は、セミキールタイプで走破性が良好で、安定性もあります。

平成22年に上架して船体の傷の補修及び船体塗装をしておりますので、年式割には綺麗な外観を保っており、ガンネルなども良好な状態です。

河川係留しておりますので、左舷ハルにタイヤによる擦り傷がありますが。使用には問題ありません。

船底は、確認できませんでしたが、大きな傷はないとのことで、現在は河川係留しておりますので、藻や汚れはありますが貝の付着は見られませんでした。

写真12~19は、オーナー様提供による船体、船底写真です。

使用に際しては、船底塗装、アノード交換をお薦めします。


デッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

アンカーウィンチ

No.5

No.6

アンカーストアー

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

前部客室出入口

No.12

前部客室出入口

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

イケス

No.24

イケス

No.25

イケス

No.26

イケス

No.27

ストレージ

No.28

ストレージ

No.29

No.30

No.31

No.32

No.33

後部客室出入口

No.34

左舷中央デッキ出入口

No.35

左舷中央デッキ出入口

No.36

右舷中央デッキ出入口

No.37

右舷中央デッキ出入口

No.38

エンジンルームハッチ

No.39

エンジンルームハッチ

No.40

エンジンルーム排気口兼ハッチ

No.41

エンジンルーム排気口兼ハッチ

No.42

海水デッキウォッシャー

No.43

電動リール端子

No.44

デッキライト

前デッキは、前部が一段高く広さがあり左右でキャスティングして楽しめます。

中央デッキは、各デッキの床面より高くなっており、移動時などの乗客が寛げるデッキです。

中央デッキから操舵室、後部客室への出入りが出来、デッキ左舷前方と右舷後方にエンジンルームへのハッチがあります。

サイドデッキは非常に幅が広く、前から後ろまでベンチがあります。多人数が一度に竿出ししても十分な広さがあり、ブルワークも適度な高さですので、釣りするには最適です。

後部デッキもフラットで広く使い易いもので、大型のイケス、収納庫が装備されております。

残念ながら床の一部にFRPの劣化が見られますが、現状、使用には問題無いです。

アウトリッガー及び微速装置も装備されておりますので、トローリングも楽しめます。

その他、電動リール端子、海水デッキウォッシャー、スパンカーが装備されており、フィッシングに必要なアイテムは揃っております。

なお、スパンカーは可倒式で、現在付いている帆は破損しておりますので、張り替えが必要です。


操舵室・客室

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

オートパイロット

No.8

ソナー

No.9

魚探

No.10

GPS

No.11

自動方向探知機

No.12

GPS

No.13

レーダー

No.14

方向計

No.15

エンジン計器盤

No.16

アワーメーター

No.17

運転席兼用収納庫、スイッチパネル

No.18

安定器

No.19

無線機

No.20

無線機

No.21

カセットデッキ

No.22

No.23

No.24

前方出入口

No.25

No.26

No.27

エンジンルーム扉

No.28

No.29

No.30

No.31

No.32

No.33

No.34

No.35

No.36

No.37

No.38

No.39

No.40

No.41

No.42

No.43

No.44

操舵室へは、中央デッキより後方のドアで入り出来、十分な空間があります。

キャプテンシートはありませんが、収納庫の上部に腰かけるか立っての操船で、見晴らしがよいです。

魚探、GPS、レーダー、ソナー等も見易い所に配置されております。

オートパイロット(SAURA 3000AT)の他、自動方向探知機(大洋無線 TDA-259)、方向計、微速装置を装備していますので、操船時には有難いアイテムが揃っております。

メーター及び操作系類は問題無く使用できます。

 

操舵室前方に前部客室が、中央デッキ後方に後部客室があり、乗客の休憩室となっておりますが、現状ではベンチなど無く、荷物室として使用しております。(写真22~28)

前部客室は、前デッキからと操舵室から出入り出来ます。

客室の前には収納棚があり、後部にはエンジンルーム出入口扉となっており、部屋の後部角にはソナー発信機が取り付けてあります。

後部客室は、中央デッキと後部デッキから出入り出来ます。(写真29~44)

客室の前には個室トイレが設置されており、後部には舵室があります。

後部出入り口には、アクセル、クラッチレバー、微速レバーが装備され、舵リモコンもありますので、後部デッキからの操船ができフィッシング時には有難いものです。

前後の客室は、出入口の開口部や天井の一部に劣化が見受けられますので、今後の使用に際しては補修をされた方が良いと思われます。


機関・電装関係

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

発電機

No.13

発電機

No.14

クラッチ

No.15

クラッチ

No.16

No.17

No.18

バッテリー(主機用)

No.19

バッテリー(計器、灯火用)

No.20

集魚灯安定器

 

エンジンは、イスズ製 ディーゼル UM6RB1TCG 630馬力(船検記載馬力:520馬力)です。

平成11年の載せ替え後は、メカニックによる調子維持のため月一回の定期稼働をしており、アワーメーターは163時間です。

エンジンは、埃をかぶっておりますが、熱により塗装の焼けも無く、年数がたっておりますが実質新品エンジンです。

平成22年に、ベルト、ホース、インペラの他に、エレメント、オイル類などの交換、整備をしております。

取材時には船底の汚れがある中で、巡航15~16ノット、2000rpmで20ノットが確認され、船底が良好な状態では、23ノット近く出ると思われます(動画参照)。

エンジンルームは、中央デッキ床面が外れますので整備は良好です。

 

バッテリーはツインシステムで、エンジンルームの前後に配置され、主機用に130F51が4個、計器、灯火用に155G51が4個装備されております。

主機用、計器、灯火用共に平成22年に交換しており、現状では充電状態も問題無いです。

また、エンジン駆動の30kwの発電機が備わって集魚灯等の電力を賄っており、更に、200V、100V、24V、12Vの電源も設置されております。

照明類は、サーチライト1灯・パイロットランプ1灯・デッキライト2灯・集魚灯(ソケット9個、2kw20灯新品未使用)・水中灯(2kw4灯)を装備しております。

装備品の、魚探(JRC JFV-2500)・GPS(JRC NWU-800、JRC JLR-6000)・レーダー(JRC JMA-2254)・ソナー(FURUNO CH-24)・オートパイロット(SAURA 3000AT リモコン付き)・自動方向探知機(大洋無線 TDA-259)・方向計は、動作の不具合無いとのことです。

その他、電装系に特段問題無い様でした。

機関・電装機器類は、見学・試乗時に機器調子、動作確認のほか整備状況も含めご自身でご確認、ご判断ください。


その他・取材条件

  ※写真はクリックで拡大できます。

No.1

No.2

No.3

オーナー様は、相続で所有されましたが使用しないため手放すこととなり、今回の出品となりました。

試乗の場合は、オーナー様の都合の確認が必要となりますので、事前にお問い合わせ下さい。

また、季節的な天候及び海上の状況等により、試乗出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。

 

取材条件

 

 

試乗の場合は、オーナー様の都合の確認が必要となりますので、事前にお問い合わせ下さい。

 

また、季節的な天候及び海上の状況等により、試乗出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。

 

取材時にエンジン等機関関係・電装品等のすべての動作確認をしておりません。

 

記載内容につきましては、オーナー様に伺ったコメントを基に記載しており、取材時に試乗確認をしておりません。

 

必ず見学・試乗をしていただき、機関・電装機器類の機器調子、動作確認のほか整備状況も含めご自身でご確認、ご判断ください。

 

なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。

 


登録変更

平成27年3月に漁船登録し、次回検査は平成34年2月17日です。

JCI登録は小型兼用船に変更し、繰り上げ受検しました。次回検査は、中間検査平成32年6月29日です。


値下げしました

680万円から550万円に値下げしました。



この船のyoutube動画:

東海ボート 56ft 遊漁船

試乗状況


ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

中部北陸エリア 日本海エリア統括加納 東志一(かのう)

担当コメント:中部日本海側を統括しております。新潟県からのご出品の方もご依頼下さい。

090-3304-0135 FAX 058-272-0799
kano@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。