閉じる

山下造船所 イカ釣り漁船42フィート

漁船タイプ・漁船・業務船福岡県

管理番号:福岡県-003322 販売価格: 売却済(SOLD)

リニューアル艇 H22年夏OH済み

装備

法定装備

コンパス

GPS魚探

KODEN

レーダー

FURUNO 1942

オートパイロット

マロールCB-87

舵リモコン

要メンテ

微速装置(トローリング)

デッキライト

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

電動リール電源

3か所

ロッドホルダー

集魚灯

氷間

ビルジポンプ

デジタル水温計

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
11.3m 2.65m 0.9m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
12.85m 2.8m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • すぐに遊漁船業を始められる船を探している
  • 時化に強く頑丈な船を探している
  • 古くても綺麗で清潔な船を求めている

基本情報

進水年月 1983年05月
年式 1983年
定員 8人
サイズ 42ft
トン数 4.7t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 限定沿海
次回船検 中間検査
(2021年10月24日)
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 なし
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 三菱(ダイヤ)
エンジン型式 S6M2ーMKTー2
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 320馬力 / 2400rpm(回転数)
掲載時の使用時間 約12273時間
推進機種類 シャフト船(ブラケット)
巡航速度(参考) 約18ノット
最高速度(参考) 約25ノット
燃費 1時間あたり
約25リットル
燃料タンク容量 1000リットル
発電機

メーカー名:大洋電機

ワット数:50kw

広告


今までに福岡県の玄界灘にてイカ釣り漁等で活躍されていた船を現オーナーが譲り受け、きれいにリニューアルされています。

現在は休日に釣りを楽しんでおられます。

フロントデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

ここはきれいに塗装が施されています。

 

 

 

 

若干ですが、表面のブア付きを感じるところもありますが、言われないと分からない程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカー台はしっかりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電動リールの電源がここにも取り付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローラーは問題なく作動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きめのテントがセットされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷間とイケスが備えられていて、収納スペースも広いです。問題なく使用できます。

 

 

 

 

 

 

イカ釣り用の電球は3kwが沢山付いてますが、内2~3個は切れてるのもあるそうです。

 

 

外観/ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

 

 

 

船体には長年活躍されていた時にできたFRPのキズや欠け等もあったそうですが、現在は補修され、塗装もされて、きれいに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

ハルもきれいに塗装がされています。

 

 

 

 

 

船底はブラケットタイプで、通常使用時に付いたキズやスレはありますが、割れや事故による補修跡はないとの事です。

 

広い所で60cm位の平らな箇所がありますので、船底塗装時は傾くことなく楽に陸揚げが出来るそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジ周りも、きれいに塗装されています。

 

 

正面の窓は張り替えてありますので、視界は良好です。

 

 

 

 

 

 

ベンチレーターの黄色のカバーが割れていますが、動作は問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

細かいFRPの欠け等も補修され、きれいに塗装がされています。

 

 

 

航海灯類、集魚灯も普通に点灯します。

 

 

 

 

 

 

サイドウォークの幅は62cm、デッキから舷の高さは右舷側が53cmありました。

 

 

左舷側が40cmあります。

 

 

左舷側が少し低いのは機関室に発電機を設置した時に高さ調整をしたからだそうです。

 

 

 

 

 

ローラーは作動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジ周り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

オーニングテントの張り具合も良く、フレームもしっかりしています。

 

 

 

 

キャビンドアの開閉はスムーズです。

 

ロックも取り換えらていますのでしっかり鍵もかかります。

 

 

 

デッキライトは明るいLEDです。

 

 

 

 

アフトデッキ

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

アフトデッキは長年の使用感がありますが、フロントデッキと同様に、細かいFRPの欠けなどを補修され、きれいに塗装をされています。

 

 

 

 

 

ハッチの上は頑丈でしっかりしています。

 

 

 

 

 

舵には年式相応に錆もありますが、問題なく使用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピット/キャビン

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

ここも年式相応に使用感があったそうですが、床の張り替え、壁クロスの張り替え等、きれいにリニューアルされています。

 

 

 

 

計器類は、レーダー、GPS魚探、水温計、オートパイロット等の計器類には不具合箇所はないとの事です。

 

 

 

 

分電盤を新設され、配線も全てやりかえられていますので、きれいにまとまっています。

 

 

 

 

インバーターも新設されたばかりです。100V、200Vが使用できます。

 

 

 

 

サーチライトも取り付けられたばかりです。

 

 

 

 

 

回転窓は問題なく使用できます。

正面のまどもやりかえられたばかりですので視界も良好です。

 

 

 

 

 

微速装置も問題なく使用できます。

 

 

 

 

舵リモコンは、舵効きはいいのですが、スロットルの調子が悪いそうです。

 

 

 

 

 

バッテリーは6個設置されています。

 

すべて新品に交換されたばかりです。

 

 

 

 

 

エンジン/発電機

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

三菱エンジン S6M2-MTK-2(320馬力)が搭載されています。

 

 

 

 

 

このエンジンの現在のアワーメーターは1回転して2273時間が経過していますが、前オーナーが平成22年の夏ごろに160万円程かけてオーバーホールをされたそうです。

 

 

 

 

 

オーバーホール後の使用時間は不明ですが、以前のオーナーのこれまでの使用状況を聞くことができたので、そのコメントを元に推測しました。

 

 

以前オーナーのコメント

月に平均して15日位は出港していたそうです。梅雨時期は漁場まで1時間ですが、その他は片道3時間くらいの漁場に昼2時に出発し、6時間エンジンを掛けたまま漁をして夜中2時頃に帰ってきていたそうです。

 

 

 

 

これらの事から計算すると8000時間位でOHをされていると思われます。

OH後は4200時間くらいの使用時間かと思われます。

 

 

 

 

燃費は漁から帰ってきたら300L位使用しているそうですので、そのことから予想すると30-40L位かと思われます。

 

 

 

 

 

1900回転で約13-14ノット位で走る事が多いそうです。

 

 

 

 

 

最高は22ノット位は出るそうですが、エンジンの事を思って、出しても2000回転で15-16ノット位で走るそうです。

 

 

 

 

最近のメンテナンス状況は、30年9月の終わり頃にオイル交換、インペラ、フィルター類の交換をされています。

 

 

 

 

 

その他には特別な問題個所や不具合が無い為、大掛かりな部品交換の経験はないとの事です。

 

 

 

 

 

TAIYOの50Kw発電機を搭載しています。問題なく作動します。

 

 

 

 

その他/取材状況

取材時はエンジン始動及び試乗を致しましたが、沖乗りでの状態や細かい所までは解りかねますので、ご見学の際にはご試乗頂き、全ての事項をご確認の上でご購入をお決め頂きますようお願い致します。

また、装備や計器類の細かい動作確認も、ご見学者様にて全てをご確認ください。

ご見学の際は「ご見学お申込書」にご署名の上でお申込みください。「ご見学お申込書」は担当者まで前もってお申しつけください。

天候及び海上の状況によっては、試乗できない場合もありますのでご了承ください。

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

福岡・熊本・大分エリア 九州統括相馬 英樹(そうま)

担当コメント:

080-1728-4750 FAX 096-379-6936
soma@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。