閉じる

愛媛プラスチック造船株式会社 漁船 運搬船

漁船タイプ・漁船・業務船高知県

管理番号:高知県-002382 販売価格: 125 万円

重厚な船体とV12デトロイトディーゼルエンジンのこの漁船に火を入れていただける方をお待ちしています!

装備

コンパス

GPS

KODEN GTD-1200

レーダー

KODEN MD3050

オートパイロット

ユニカス CD-40RL

無線機

AC/DCコンバーター

オーニング

電動式アンカーウィンチ

イケス

フェンダー

マリントイレ(手動式)

エアコン(家庭用)

冷水機×2、方探、FAX

サイズ(船検証)

全長 全幅 全深
14.1m 3.9m 1.31m

サイズ(実測値)

実長 実幅 高さ
17.5m 3.9m

※実測値の場合は、おおよその数値です。

  • 作業船、釣り船などのレストアベースに!
  • 重厚な船体!ベースはもじゃこ漁船です。
  • 船体、エンジン共に精通した方向け。

基本情報

進水年月 1981年02月
年式 1981年
トン数 18.79t
形状 漁船タイプ・漁船・業務船
航行区域 漁船
次回船検 漁船
清水タンク容量 容量不明
船底塗装歴 あり
保管状態 係留
保管場所 あり
取材有無 あり

エンジン情報

メーカー名 デトロイトディーゼル(ゼネラルモータース)
エンジン型式 12V-62W 15
燃料種類 軽油
搭載数 1基
検査手帳馬力 170馬力
推進機種類 シャフト船(キール)
最高速度(参考) 約20ノット
燃料タンク容量 容量不明

広告


レストアベースにいかがでしょう!船体はまぐろ船やかつお船でも定評のある愛媛県宇和島市の「愛媛プラスチック造船」製です。

 

もともとは調子よく航行できていた漁船ですが、10年程度前からエンジンに火を入れていませんので、現在はエンジンもかかりません。整備が必要です。

 

この漁船は現オーナー様が去る平成8年頃に愛媛県で「もじゃこ漁」で商売をされていた漁船を買い受けて冷水機や電気機器類の艤装を追加して主にレジャーでの釣り用として使っておいでた船です。

 

 

釣り用、作業船などをはじめ、改造を加えれば用途は広がる船だと思います。

 

船体はしっかりした作りで外洋での過酷な航海にも耐えられそうです。

 

船体のベット数からすると5名程度での泊まりでの操業ができそうです。

 

ぜひ、この船に再び火を入れていただける熱い船主様からのご連絡をお待ちしています!

 

船体外観・船底

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

船齢は30年以上経っていますので、ゲルコートの艶は落ちていますが、大きな損傷は無く、しっかりしています。

 

全体的なスタイルとして船首は高く、時化にも強そうです。コクピットからの見切りもよく、360度きれいに見渡せますので操船はしやすそうな印象を受けました。

 

取材時は係留状態で船底の確認はできませんでした。長期間動かしていませんので、船底は掃除が必要です。

デッキ廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

  • No.29

  • No.30

  • No.31

  • No.32

  • No.33

  • No.34

  • No.35

  • No.36

  • No.37

  • No.38

  • No.39

  • No.40

  • No.41

  • No.42

  • No.43

  • No.44

  • No.45

  • No.46

  • No.47

  • No.48

  • No.49

  • No.50

  • No.51

  • No.52

  • No.53

  • No.54

デッキは全体に硬くしっかりした印象です。イケスの蓋なども問題ないと思われます。

 

デッキにはアンカーローラーがバウ側とミッドシップに各1基装備され、トイレはアフトデッキにあります。厨房はアフトデッキ側から入れ、厨房の下がクルー用の寝室です。厨房の入り口横には流し台もありますので、調理はしやすそうです。

 

コックピットは左舷側からはしごで上がれます。またコクピット下にはキャプテン用の寝室(2名)があり右舷側から入れます。

 

エンジンルームは左舷コクピット上がり口から入れます。

コクピット廻り

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

  • No.25

  • No.26

  • No.27

  • No.28

コクピットは2席あり、左シート側に舵があり、オートパイロット、GPS、レーダー、無線機、冷水機×2基、デジタル水温計などの装備がなされています。

 

コクピットからは非常に見切りが良く、全方位を見渡す事も可能です。

 

ただしこれらすべての装備の動作確認はしていません。

キャビン(キャプテン用)

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

キャプテン用キャビンは右舷側から上がれます。

 

ベットが2台あり、方向探知機、気圧計、FAX、エアコンなどの装備があります。かつてはドコモセンツウの衛星電話が取り付けられていたようです。

 

窓からはバウデッキが良く見えます。内壁はウッド仕上げで、静粛性が高く快適に眠れそうです。

厨房・キャビン(クルー用)

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

厨房はアフトデッキから入れます。

 

アフトデッキには流し台があり、水を使っての包丁仕事や調理ができるようになっており、厨房入り口から入って左舷側にガスコンロ等の設備があり、その横は座って食事などができるスペースがあります。

 

またこの部屋には階下に降りられるはしごがあり、下は2~3名が寝られるほどの畳敷きのクルー用寝室があります。

エンジンルーム内

  ※写真はクリックで拡大できます。

  • No.1

  • No.2

  • No.3

  • No.4

  • No.5

  • No.6

  • No.7

  • No.8

  • No.9

  • No.10

  • No.11

  • No.12

  • No.13

  • No.14

  • No.15

  • No.16

  • No.17

  • No.18

  • No.19

  • No.20

  • No.21

  • No.22

  • No.23

  • No.24

エンジンルームは左舷側から入れます。入り口を開けるとバッテリーが見えます。このバッテリーはおそらく交換が必要だと思います。

 

エンジンは主機にデトロイトディーゼル(GM製)12V-62W15が載っています。漁船登録票上の表記は170馬力となっており、正確な馬力数は不明ですが、当時としてはかなりハイパワーなエンジンだと思われます。

 

また、補機は三菱のS4Fだと思われます。

 

主機、補機共にアワーは不明ですが、かつてこのエンジンのメンテナンスをされていた業者さんとは連絡が取れるようにしていますので、今後のメンテナンスの依頼は可能です。

 

主機、補機、発電機など全て10年程度稼動させていない状況なので、動かすにはそれなりの費用がかかると思われます。

 

 

取材状況や見学、ご購入後の手続き等につきまして

この艇は高知県内に係留保管されています。ご見学はお気軽にお申し付け下さい。

 

また、この艇は私、平田が2014年11月初旬に実際に現地で取材していますので、ご不明点などございましたら、お電話、Eメール、LINEでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 なお、この艇は10年程度前までは調子良く稼動していたとの事ですが、以後動かしていません。

 

整備をするにあたって、ドッグ揚げの手配、業者さんのご紹介など、ご希望がございましたら可能な限りお手伝いをさせていただきます。また、この艇は現在漁船登録しかされていません。

 

業者様や個人の方、漁業関係者様のご連絡を心よりお待ちしています!

 

四国地域担当:平田

TEL:090-9772-3000

Email:hirata@funenet.com

LINE ID:funenetshikoku

☆日曜、祝祭日も遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

 

ご質問や見学のお申し込みはこちら!

ご質問やご見学のお申し込みは、下記担当までお気軽にご連絡下さいませ。

四国エリア 担当平田 善久(ひらた)

担当コメント:高知県を中心に四国の全県を崎須賀(愛媛県)と担当しています。

090-9772-3000 FAX 088-874-4027
hirata@funenet.com

<注意事項>

写真は船名を消したり、風景をぼかしたり一部加工をしています。


ホームページの記載内容は、オーナーのコメントをもとに作成していますが、船ネットドットコムで約束できるものではありません。
オーナーの中には装備品等を勘違いされている方や、不具合等を把握してない方や、話をされない方もいらっしゃる可能性もあります。
また、掲載してから月日が経過している船は、取材時と現在の状態が異なっていたり、知らないうちにどこかに不具合が発生したりしている可能性もあります。


お取引は現状での個人売買の為、ノークレーム・ノーリターンがお約束となります。

ですからしっかりご見学、ご試乗をされ、納得の上、自己責任でご購入ください。

(船ネットドットコムが無理にお勧めすることはありません。)


名義変更等の手続き費用、陸送回航費用は別途必要となります。


ご見学はご購入を前提とされる方のみご案内しています。


なお、紹介物件によっては、見学や商談のお申し込みが集中する場合も御座います。
その場合、紹介物件の購入を即決頂いた場合や、手付金等のお支払いのお申し出の有る方と優先的に、ご商談を進める場合も御座いますので、ご了承下さい。